ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安らかに・・・・

2009.07.11 *Sat
母の従兄が 亡くなりました。

私や妹たちを 可愛がってくれました。

今日、通夜に行きました。




お棺の中のおじは

眠ったような 綺麗な顔でした。

本当に 寝ているようだったけど

生の息吹は 感じられないのです。

おじの魂が そこを離れたら、肉体は抜け殻になりました。

かわりに そこここの、どの空間にも、おじがいるような気がするのです。




亡くなると、身体はまるで氷のように冷たくなります。

その冷たさが、「死」という現実を突きつけます。

冷たい身体が、命の尊さを、教えてくれます。




私は あなたの あなたの あなたの そしてあなたの

その温かい身体を 愛おしく思います。





スポンサーサイト

COMMENT

☆K太郎さん。

k太郎さん、ありがとう。
私は 大丈夫だよ。

>未だに信じられない日々を過ごしています。
まだ父の声が耳の奥に残ってます。。
そして、、今でも父から電話がかかってきそうで、


うん、そうだよね。
K太郎さんは、お父さんを亡くされたんだもん
悲しみの深さは、想像できないくらいだと思ってます。
時間が少しずつ、日常に戻してくれると思います。
悲しみを、少しずつ受け入れさせてくれると思います。
それまでは辛いけれど、頑張り屋さんのK太郎さんだから
無理しないように、悲しいときは泣いて、悲しんでね。。。


お父さんは、もう時間にも距離にも縛られていないので
K太郎さんが お父さんを想うとき、きっとそばに居てくれてると思うよ。
じーじはね、斎場から自宅のばーちゃんのところに
「ありがとうなぁ。」って言いに行くからよぉーーって
旦那に言い残して 気配を消したんだって。
けどね、数秒で戻ってきて、次はあそこ、次はこっち・・・・
そうやって飛びまくってたらしいよ。
お父さんも、行きたかった場所に 自由に行ってるかもしれないね。
例えば、、、、アメリカだって イギリスやアフリカだって、きっと一瞬で移動しちゃう。。。


雲や風や、虫だったり、匂いや、、、、
そういうものに、お父さんを感じることが、これから、あると思うの。
他の事を考えたり、忙しかったりするときに
急に お父さんを思い出したりするとき。
K太郎さんのそばに、お父さん居ると思うな。
お父さんっていう 肉体を纏っていないだけで。


自分がしっかりしなきゃ・・・とか、頑張り過ぎないでね。
みんな そんなに強くないよぉ。
暑さが厳しいから、お身体ご自愛ください。


ありがとう・・・。




2009/07/16(木) 09:54:02 | URL | chu-chu #- [Edit
。。。。。
大変でしたね。。。
おじさまのご冥福をお祈りいたします。
 
父の時の事をダブらせて読んでました。
読んでて つつつぅー。。。と
涙が流れてました。
 
それでも、、
未だに信じられない日々を過ごしています。
まだ父の声が耳の奥に残ってます。。
そして、、今でも父から電話がかかってきそうで、
 
あっっごめんなさい。
私の事ばかり。。。
 
身近な人の死は、、
ほんとつらいですよね。。
chuchuさん大丈夫ですか??

2009/07/16(木) 01:02:16 | URL | K太郎 #- [Edit
☆ばお。

>今まで受け取ることのなかった ばお達も受け取れた。。。。

うん、この思いって多くの人が抱いてるよ、きっと。
私自身も、お騒がせな部分にフォーカスしちゃってたもん(笑)
でもそういう出来事も、マイケル自身にも何か必要性があって
私たちにも、今のために必要だったんだろうしね。

マイケルの死って、多くのことを残していったと思う。
彼のメッセージの受け取り方も みんなが変わっただろうし
人には見えない部分に たくさんの葛藤や苦しみや愛があるのだって教えてくれた。
マイケルを通して、多くの人が、自分がどれだけ人のほんの一部分しか見ていなかったって気づいたのだと思うなぁ。
マイケルにこの世界は 生きにくかったかもしれないねぇ・・・。


>じーじは『病院には行かない』ってのがチョイスで
それを実行してくれるのがchu-chuちゃんだったんだよ。


おぉーーん(泣)
ありがとう、ばおぉーーー。

ジージの死は、まさに完璧だって
葬儀の後、いろんな事があってね、思ったよ。
いろんな出来事が すごいタイミングだったりして
はぁ・・・・ってため息が出ちゃったくらい。
旦那や義姉には、完璧なんて言うべきじゃないけど
じーじは、結局、残された私たちにとって最良のタイミングで
いろんな事が 起きるように仕掛けていってくれたように思う。

それを思うと、じーじの死は 私たちにとって完璧なもので、じーじも、これでこの人生の完成だった。
(ばーちゃんと、旦那たち子供のために生ききった)
マイケルも、きっと同じなんだろうと、思う。

私たちにも、歌やメッセージのほかにも いっぱいのギフトを置いていってくれたんだねぇ。


ばお。。。。ありがとうね♪
2009/07/15(水) 10:54:18 | URL | chu-chu #- [Edit
>マイケルってなんか、死で完成、、、(怒られそう)

すごくする~~!!!。

計画ってこういうことだと思ったのね。。。

マイケルにワイドショーで言われてることしか感じてなくって
本当にマイケルが伝えたかったメッセージは
マイケルが行っちゃったから受け取れた。。。

マイケルはいつ行くかって、行くとこまでちゃんと計画してたって思ったの。

だから、今まで受け取ることのなかった ばお達も受け取れた。。。。


だからさ~~、じ~じもちゃんと計画だよ~。

ウチのばぁちゃんは、行く日に母ちゃんに
「今日だけだから 居てね~。」
って言ったの。

だーのばーちゃんは、みんなにお礼の会をする!!って
病院で呼べる家族はみんな集めて お礼の会をしたの。。。

どっちも末期がんだった。。。


じーじは『病院には行かない』ってのがチョイスで
それを実行してくれるのがchu-chuちゃんだったんだよ。

だから、それがじーじの願いだっただよv-421


2009/07/15(水) 00:41:27 | URL | ばおばぶ  #- [Edit
☆シエラぽん。

>だけど、私たち人間だから、どんなに魂の次元の話をされたって、温かいものが冷たくなり、動いていたものが動かなくなるのは、「終わり」であり、「別れ」なんだよね。

うん、そうだよね・・・。

じーじのときに思ったよ。
これ、じーじじゃないでしょ、、、
作り物でしょ!? それくらい 冷たくてねぇ。


じーじが教えてくれたことは
お別れがやってくるのは、突然で、明日かもしれないってことだなぁ。
後悔しないためには、今この瞬間に、愛する事を休まないってことや
今この瞬間に、出来る限りのことをするってことだなぁ。

じーじが亡くなる前日、ちょっと食欲なかったんだよ。
ご飯を運んでも、食べてなくってね。
アイス食べる?食欲ないの?って聞いたら、カップのアイスを半分食べたの。
たまにあったけど、目がいつもと違ってて、、、、
けど 食欲ないのは、時々あったし、目が違うのは、低血糖になったときだったり。
それで、、、アメなんかを 舐めさせたりしたんだけどね。
病院に行くか迷ったんだけど、本人が行かないって言うから、そのまま忙しさに流されちゃったの。
その日は、なんだかすごく来客なんかも多くて、忙しくてねぇ。。。
もっとじーじに 気を配ってあげれば良かったのに(泣)

今でも、後悔することがある。

だからじーじは、とても大切なことを教えてくれた。
今でも、その教えを活かせてないダメダメな私だけどね(笑)
2009/07/14(火) 01:18:50 | URL | chu-chu #- [Edit
おじさんのご冥福をお祈りします。


祖母が亡くなった時、私だけがそこにいたの。
15年生きた犬が死んだときも、私だけがそこにいた。
祖父が亡くなる数分前に、祖父の魂は身体を抜けていて、キリっといつもの着物を着た祖父が歩いているのを、私は応接間で見ました。

最後は寝たきりだった祖母は、大きく息をして、そして体から抜けていきました。
犬は、眠ったまま、ゆっくり抜けていきました。

私にとって「死」は、抜けてゆく、というイメージ。
消えたりするんじゃないことが、何となくだけどわかる。

だけど、私たち人間だから、どんなに魂の次元の話をされたって、温かいものが冷たくなり、動いていたものが動かなくなるのは、「終わり」であり、「別れ」なんだよね。

別れがあるから、また会う約束をする。
そうやって、いろんな魂と約束しながら、出会って別れてきているんだね。
終わりのない世界に住んでいる存在からすれば、ここって何てロマンチックなんだろう。


2009/07/13(月) 13:37:57 | URL | シエラ #- [Edit
☆ばお。

お友達も同じなんだぁ・・・。

ほんと、不思議でね、亡くなってしまうと
自分の周りの空気の中に、溶け込んでいるみたいなんだよね。
生きてるときは、電話しなきゃ伝えられない話しえを
今は、心の中で語りかけるだけで、通じていそうって(笑)

そうかぁ・・・ばおは マイケルに感じるのかぁ。

マイケルってなんか、死で完成、、、(怒られそう)
みたいな気がちょっとだけしているの。
マイケルの死によって、私たちも何かが開かれたみたいな。

きっとものすごーーく 神さまに愛された人なんだと思ってます。

いまだに、毎日マイケルを観てたりするよ、あたし(笑)
2009/07/13(月) 13:27:35 | URL | chu-chu #- [Edit
>そこここの、どの空間にも、おじがいるような気がするのです。

土曜日に会ったお友達が、最近お父さんを亡くされたんだけど
まったく同じコトを言ってた。

ばおはマイケルに感じる。。。v-282

あぁ、ホントになくならないんだなぁ~~と思ったv-344
2009/07/13(月) 13:15:05 | URL | ばおばぶ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。