ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

This Archive : 2010年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚不一致

2010.10.18 *Mon
「花より男子」の韓国版に、末っ子がはまっていた。

学校から走って帰り、お友達の誘いをも断り、毎日観続けていた。

そのうち、、、私まで 一緒に観てた(笑)

最終回の日の夜、娘2人と、ブックセンター○○○に走り

大人買いして、1巻?36巻まで買い揃えた。




主人公のつくしが、道明寺に、ラーメン屋さんでいきなりプロポーズされる。

超セレブなお坊ちゃまの道明寺は、一般ピープルの味覚が理解できない。

相変わらず、ラーメンなんて食えるかってな感じ。

つくしが、、、、「味覚の合わないカップルって不幸、、、。」

と言う場面がある。

私は、このセリフに超高速で、うんうんと頷くのだ。

ほんとっ!! ほんとぉーーにそうだよ、つくしちゃん!!




さて、旦那のこと。

じーちゃんも肉しか食べない偏食した人だったが

どうやら旦那も、子供の頃からの偏食らしい。

旦那と暮らす私には判るのだが、亭主が肉以外のものをあまり食べないとなると

家業を手伝い、忙しい女房にとって、あまりあれこれとは作るのが困難になる。

正直、、、面倒くさいし、作っても余らすことになり不経済なのだ。

野菜を買ったとて、、、子供が小さければ消費するのも難しい。

だからばーちゃんは、好き嫌いの多い旦那の偏食を結果的に、ひどくさせてしまった。

結婚当初は、肉じゃがを作っても 「・・・これ 何て料理?」と聞かれる。。。

だろうなぁ・・・中学からお弁当のこちら。

中高6年間、旦那のお弁当の中身は、来る日も来る日も、から揚げとゆで卵だった。

本人、それで大満足だし、夕飯がまたから揚げでも、ぜんぜん構わないのだ。

どんだけ 鶏肉食ってるんだよ(笑)



旦那用のご飯のローテーシャンは、から揚げ 餃子 ミートソース カレーライス

きっと、こんなものであったろう。

そうやってずっと過ごしてきた食生活は、今でも変わらないし変えようとも思わないらしい。

ただ、メニューが増えただけのことだ。




とにかく、ドーーンと 肉があれば良いわけだ。



子供は食べるけど、旦那は喜ばない。

そういうメニューが食べたい日は、面倒だ。

旦那用に他のものを作るか、お弁当のおかずの肉ものを多めに作らなきゃならない。

とにかく、、、、我侭だっっ!!!



結婚して、もう18年になるが、、、、

私はずっと、食事に関してストレスを感じている。



糖尿病への入り口にいるよ、と言われても

血圧が150以上あっても、メタボでも、彼は何も変わらない。

ほとほと嫌になって、ある日本気でこう思ったのだ。

通風になった旦那の友人が、今は薬を飲めば治るって言ったとき、、、

「通風になでもならなきゃ、本気でヤバいなんて思わないんだろうぜ。」



私は、旦那の飲み方にしてもそうだけど、、、

自分が変われば、旦那も変わる、と思ってきた。

だから、腹を立てても、それを切り替えて切り替えて

笑い飛ばしてきたのだ。

けど、、、多少の改善はあったものの。。。

何かが違う、何か私は思い違いをしてるじゃないか、と感じていた。

私だけが変われば良いの? 相手を変えるのは無理だから?

けど、、、行き詰るのだ。



行き詰る理由は、やっぱり旦那自身が変わろうとしないからだ。

同時に、私の旦那に関する 固定観念を捨てられないからだ。

近い関係というのは、、、綺麗だけじゃやってらんない。

これが他人だったならば、認められるし許せるだろう。

体調が悪くなる前に、そうならないように、、、って願えるだろう。

けれど旦那だもん。。。。

通風になれば、痛みのあるうちは仕事できなくなるじゃーねえか、とか

糖尿になれば、食事の管理しなくちゃならなくなるじゃーねえか、とか

それこそズラーーーっと 恐れ恐れ恐れのオンパレードだ。



けど、、、、。

病気になることは、悪いことだろうか。

そこに向かっているような旦那を、もうよしとせにゃいかんじゃないのだろうか。

そして、変わるさ、、、旦那だって。

その変わるための出来事が、通風や糖尿病かもしれなくても

それはそれで、恐れることでもない。

それが、、、、旦那の意識を変えるための「死」へのプロセスならば。

旦那と同じように、私の意識も「死」を迎えなければならない。



けれど、、、、

不摂生してんの あんたじゃんかよーーっていう思いは

なかなかどうして、手ごわいものだ(笑)



私の手放すべき恐れは、、、どこにあるんだと思う?

どうして自分の事って、こんなに観えないもんなんだろうねぇ。




何にせよ、意識の「死」を迎えるということは

自分だと思ってるものが消えてしまうのだから、、、あがきたくもなるよなぁ(笑)

勇気が欲しい、、、自分が変わることを、本気で望める勇気が欲しい。





超不定期になると言いながら、、、

ここ数日 更新してますね(笑)

明日の朝のお弁当作りを思うのですが、この時間帯が一番リラックスできるのです。^^





さて、寝なきゃだ。

おやすみなさいませ・・・・。









スポンサーサイト
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

三人 三つ巴

2010.10.17 *Sun
よく、経理や経営に向いてるよ、、、と言われる。

そう、占いでは。

しかし、自分では絶対に向かないと思っている。

嫌いだもん、、、(笑)




それでもやっていた、経理ではあったけど

夏に、パートで事務員さんがやってきた。

とても一生懸命やってくれて、大助かり。

彼女は私とは正反対で、細かい仕事が得意なのだそうだ。




嫌だな、嫌だな、できるなら離れたい仕事だなぁ・・・

本当はずっと嫌でたまらなかったのに、やるべき事、やって当たり前の事、と無理してた。

けど、、、彼女の登場で、私は他の事で 旦那をサポートし、自分を表現すれば良いのだと

そう思えてきて、旦那の才能を引き出そう!!とした矢先だった。

ばーちゃん入院。。。。




私は、本当に嫌な仕事から 離れざるを得なくなった。

いや、、、離れることができてしまった。

ばーちゃんの介護、という出来事で。





私が 本当の私を表現して生きていきたいと願ったら

嫌な仕事を引き受けてくれる存在が 現れた。

旦那と私は ワンセット、、、だから、彼の仕事とは関係ない事では 自分を表現するべきじゃないと思ってた。

けれど 不思議だよねぇ・・・・。

起きた事は、旦那の仕事のサポートとは、また違った役割。




ばーちゃんの身体のことは、悲しいし気の毒だし、現実問題不安はいっぱい。




けど、ばーちゃんが倒れたのが、移転後だってのがまた、不思議なタイミング。

移転せずにいたら、何だかんだで、仕事とは離れることは無かったはず。

仕事場の上に 私はいつも居るんだから。

旦那も、ばーちゃんの事、仕事の事、両方を求めただろう。

旦那 私 ばーちゃん 三つ巴。

3人の無意識の領域では、何が起きてるのかな(笑)

それぞれに それぞれの意味をもって、この出来事は起きたはず。。。




いつかこの事の全容が見えてきたとき、、、、

「うっわぁ?? そうだったのか!!」と、鳥肌鳥肌チキン肌になっちゃうのかも(笑)

その日が 楽しみであったりする。。。。

だからその日まで、笑って泣いて怒って、私らしく過ごしていこう^^





なぁーーんて カッコイイこと言ってるけど

実際に介護が始まれば、辛くてたまらない私も出てくるでしょう。

誰かに思いきり 愚痴をこぼしたくなる事もあるでしょう。

イライラが募り、爆発する日もあるでしょう。

「しゃーーねぇよ。」

「進んどる 進んどる。 間違いない。」

「ちきしょーーー笑ってやるぅーーー。」

そうやって歩いてきた私に、そのたびに立ち戻りましょう。。。




これからますます忙しい日々になるけど、、、、

大丈夫さぁ・・・・あたしってば

けっこうこなせる子じゃん?って、自分に言い聞かせているわけなのです(爆)





能天気な私でいること。最悪の結果ばかりを思い、重く受け止めないこと。

今の私に できる事。。。







THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

ばーちゃん と あたし

2010.10.16 *Sat
ばーちゃんは、3年前に大腿骨骨折し

それ以来、自転車に乗れなくなった。

その後も、頭蓋骨骨折。

もう何年前か、はっきり覚えていないが、、、

心臓のバイパス手術もした。



ばーちゃんは昨日、リハビリ病院に転院した。

主治医の先生の診察の時のこと。。。。



今までの主な病歴だとか、手術の有無を聞かれた。

25年くらい前の、子宮筋腫の手術、これは覚えていた。

心臓のバイパス手術、これも覚えていた。

だけど、、、大腿骨骨折の事は、まったく覚えていない。

「そぉ?お? あたし、大腿骨骨折なんてしたぁ?」と、、、。

糖尿病で、高血圧、血液をサラサラにする薬を飲んでいるばーちゃんは

すぐには手術ができなかった。

もちろん、大腿骨骨折は激しい痛みがあるので、ばーちゃんは動かされるたび悲鳴をあげる。

あんなに痛い思いをしたことを、忘れちゃうなんて、、、、。



心臓の手術の後も、かなり辛そうだった。

だからあの経験は、覚えているのだろうか?

じーちゃんと2人、汗と油にまみれてやってきた家業のことも覚えている。

家族のことも、誰1人として忘れちゃいない。

相変わらず、孫が生きがいで、心配ばかりしている。

けれど、、、

「あたし昨日 家に帰ったじゃない?あっ・・・あんた出かけてたのかな?」

現実じゃないことを、言い出したりもする。



ボケが進んでいるのかもしれない。

けど、忘れちゃうこと ちゃんと覚えていること。

この差は、何なのだろうねぇ。

古い記憶は覚えていて、新しい記憶は抜ける。

もちろん、その反対もある。 現実じゃないことを、現実だと思う。



人間って、、、、不思議だよ。

脳梗塞って 本当に怖くて憎たらしいよ。




昨日ばーちゃんは、まったく感覚のなくなってしまった左手を

右手で握ってみたりしていた。

「いやになっちゃうねぇ・・・。」と、ポツリと言った。



正直、私はこの先を思うと

不安に 押しつぶされそうになったりもする。

じーちゃんよりも、ばーちゃんのこれからはずっと、大変になるだろうから。

プチゴミ屋敷のように、買いあさったリサイクルセンターの洋服や、小物類に

じーちゃんの介護用ベットのある部屋は、ドアも開けられない状態だ。

それを退院までに片付け、他の部屋のガラクタの山を片付け、、、と思うと泣きたくなるのだ。




けど、あのつぶやきを聞いてしまった私は

現実に押しつぶされそうなのは、ばーちゃんだって同じなんだって。。。

しゃーーねぇーーよ。 やるしか進みようがないんだからと。。。

そうやって 泣きたい気持ちを跳ね返すのだった。



まずは、ベットが見えない状況を 打破だぜ!!

なぁ??ははははははははは(泣笑)





THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

ぞろ目のオンパレード

2010.10.15 *Fri
昨日 一昨日と

999 555 のぞろ目を見た。

「おぉ・・・ほぉ?お。」




今日は、友達が電話をくれた。

ここでは吐き出せないような、、、、

そんな包み隠さぬ話しを たぁ?くさんした(笑)

電話を切った瞬間、時計は 13:11。

1111の、ぞろ目である。

そして夕方は、6666の車のナンバー。




ほぉ?お。

なんかちと、、、、嬉しい^^





そんな なんでもない話し。  チャンチャン♪





THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

近況報告

2010.10.07 *Thu
ブログが放置状態になっています。

それでもご訪問してくださる方もいて、、、

本当にごめんなさい。

そして、ありがとうございます。





お祭り三昧の8月が終わり、、、

9月に突然だったのですが、工場の移転工事が始まりました。

ショールームにしたかった店舗で、認証工場を取りまして、、、

広さもあり、街道沿いの店舗に移ることになりました。

そんなこんなでバタバタとしていたのです。





ところが、数日前にばーちゃんが倒れました。

高血糖と脳梗塞でした。

今は、左手足が動きません。

また、飲み薬からインスリン注射になりまして、、、、

自分では打てないので、これから私がやる事になります。

合わせて、食事管理もかなり厳しいものになるでしょう。

何より、ばーちゃん自分で動く事は難しくなると思います。

でも。。。。

ばーちゃんってば 強いからな。

きっと回復してくれることでしょう。

リハビリ頑張れ、ばーちゃん^^







現実が騒がしくなるとき

たいてい、私は自分らしく生きたい、と考えている迷っている時期と、重なることがあります。

まるで、、、そんなの自分勝手だよとか、できるわけないじゃんとか

今の私、このままの私に引き戻されるかのように。。。

気のせいかもしれませんけど、、、、(笑)

でもそんな気がしてなりません。





もしかしたら私は、深く深く強く強く、自己否定をしているのでしょう。

幸せになっちゃいけない、、、なのか

自分の好きなように生きてはいけない、、、なのか

とにかく、何かを否定しているのです。

もしかしたら、助けを求めることを否定しているのかもしれません。

弱い、できない自分に素直になり、助けてと叫ばなきゃいけないのかもしれません。






何を否定しているのか、自分では解りません。

けれど今日になって、気づいたことがありました。

宇宙は、私に「死」を迎えさせようとしているのだ、、、ってこと。

この私が死に、新しい私が生まれる、それを経験させようとしているんじゃないかって。





現実を受け止め、とにかく進むしかないなぁ・・・と思うのでした^^

今日は、インスリンのペン注射の講習を受けました。

ものすっごく細い針ではありましたが、、、、こっこえ??と思いました(笑)

この後 夕方からは、血糖値の測定の仕方の講習です。

指先に針を刺す方法だと思うのですが、、、こっちのがインスリン注射より痛いそうです。

これからやらなきゃいけない仕事ですから仕方ないけど、、、、こっこえ???(泣)




そんなこんなで、更新はこの先も超不定期になると思いますが、、、

皆様 お体ご自愛くださいね。

そして超いい加減、能天気な私は常に元気にしてますので、、、。

皆様のブログにも、なかなかお邪魔できないこと、本当にごめんなさい。





では・・・・!!





THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



10
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。