ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

This Archive : 2008年09月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の出会い

2008.09.26 *Fri
時々、ワンコブログを覗きます。

たまたま今日見たブログで、泣きました。




17歳のハスキー犬の奇跡のお話し。



べんちゃんは17歳です。

高齢の飼い主さんと、17年間過ごしてきました。

べんちゃんは、飼い主さんにも事情はあったでしょうが

結局、結果的に飼育放棄されてしまいました。

そのショックから、脳梗塞と心臓発作を併発し、寝たきりになりました。

動物病院でお世話になってはいましたが、冷たいタイルの上に

タオルを1枚ひいた そんな場所で、いつ消えるとも知れない命でした。

べんちゃんの里親募集を 始めた人がいました。



べんちゃんは寝たきりです。

排泄だって、起き上がることもできないのです。

里親さんになる覚悟を持てる人だって、限りなく少ないでしょう。

そんな中、元の飼い主さんから、べんちゃんの命の期限を言い渡されてしまったようです。

つまり・・・・安楽死させる、ということだったのでしょうか。

ところが、、、、現れたのです。

べんちゃんと一緒に 暮らしたいという方が。

その方は、とても若いお嬢さんです。

以前も、高齢犬を引き取り、1年後に見送ったことがあるそうです。

高齢犬だからこそ、結べる、人との絆。



べんちゃんは、手に触れられるのが苦手だそうです。

いつもお世話してくれる 看護師さんにさえ、触れられれば唸るそうです。

ところが、里親さんが面会に来たその日、べんちゃんの手になにげなく触れたそうです。

べんちゃんは、唸るどころか、大人しく嬉しそうに身を委ねました。

そうして、べんちゃんは無事、素晴らしい里親さんに巡り合うことができました。




べんちゃんが里親さんの家に 行ったその日。

病院では、ベタッ・・・っと、前足も後ろ足も大きく開き、その状態から動けないはずなのに

支えを使ってですが、上半身を起こしました。

ここから、べんちゃんと里親さんご家族は、奇跡を起こしていきます。



電話で べんちゃんの様子を聞けば

「自分で起き上がり、トイレに行ってくれるんですよ。」

「フローリングでは手伝いが必要ですが、敷物の上なら自分で立つんですよ。」



そんなことから始まり・・・・・

べんちゃんは、お散歩にまで出掛けられるようになりました。

夜、眠くなると 自分から里親のお嬢さんのお部屋へ歩いていくそうです。




見させていただいたブログには、病院で寝たきりの写真はもちろん

里親さん宅での べんちゃんの写真も載っていました。

まるでまるで、、、、別のワンちゃんのようです。




信じていた人間に 裏切られたショック。

それが引き金になったのか、寝たきりになったべんちゃん。

けれど、里親さんに出会い、出会った瞬間に 人間に対する信頼をもう1度取り戻したべんちゃん。




なぜ、何が作用して こんな奇跡が起きたのでしょう。

でもそんな事よりも、、、、

信じること、愛することを 捨てない大切さを教わりました。

べんちゃんに・・・・・里親さんに・・・・・

そして全てを 受け入れること。




べんちゃんの生きてきた時間の中で、きっと今が1番幸せでしょう。

ワンちゃんが、こんな風に思うかなんて解からないけれど(笑)

Mちゃん(里親のお嬢さん)に 出会うために今までがあったんだね。

今日という幸せな1日が、幸せなこの瞬間が、すべてを流してしまう。

この瞬間がすべてで、過去はただの記憶に過ぎないんだね。

ボクには、過去なんてないんだけどね、犬だからさ。。。。。忘れちゃうんだ、少し前のことは。

そう思っていてね。。。。過去を覚えていようが いまいが、ボクはMちゃんが居てくれれば幸せだから。



なんてね・・・・。

過去に囚われて 苦しいのは人間だけなのかもなぁ。



べんちゃんと 里親ご家族さんに、1日でも長い幸せな時間が 流れますように。

さぁーー、ジョジョとスージーを 舐めまわしてこよっ!!(笑)



スポンサーサイト
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

厳しいなぁ・・・。

2008.09.18 *Thu
夕べ、酔って帰宅した旦那は

「今度それ言ったら 別れるぞ。」

と、宣言していた言葉を 何度も浴びせてきた。

何を言われても 言いつけられても 無視を決め込んだ。

この片付けが 終わるまで・・・・そう思って 我慢し続けた。

23:30  片付け終了。

そのまま 車のキーを手に握り締めた。

私は 車で実家に向かった。

そして、一晩 泊めてもらった。



今朝は、息子のサッカーの朝練の付き添い当番だった。

5:30に実家を出て、家に戻ってきた。



家に向かう早朝の帰り道、、、、、

私は 亡くなった祖父に 話しかけた。

「仏壇の前で寝たのに、おじいちゃん、夢にも出てきてくれなかったね。」

きっと、私はどこかで期待したのだ。

夢の中で、祖父か、誰かが、私にアドバイスや励ましの言葉を くれることを。。。

そんなもん、ありゃしなかった(笑)

そして、思い出したのだった。



いつだったか、今年に入ってからだろうか、、、、

もう 去年の話しだったろうか、、、、

私は 宇宙に宣言した。

「旦那との関係性での学びは、卒業します!!」




私は、卒業に向けて 突っ走っているのだ。

己で気づき、己で乗り越えるのだ。

何を 弱音を吐いていたのだろう・・・・。




私が 観えない、聞こえなさ過ぎなのか・・・・・

あぁ? どうすりゃいいんだよ・・・・って時にも

私のガイドは 甘やかさない。

夢でメッセージくれ!! ってお願いしても、観れたことがない(笑)

祖父でさえ、、、、現れては くれない。

めったに泣かない私が 枕を涙で濡らしても。。。← ここがもう、悲劇のヒロインはいってます

けれど 私は、甘やかさないでくれて 感謝している。

観えない、聞こえない、は 不安になるときもある。

けれど、また思い出させてもらった。

あの・・・・・・大胆な 宣言を・・・・・・。

自らが 望んだってことを。

あーーあ

また 急な坂道を 選んじゃったねぇ。





負けるな あたし。




THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日常

あんたの時代♪

2008.09.05 *Fri
家業に対して、直感というものが 働きません。

この不景気ですし、うちも厳しいです。

毎月の支払い、人件費、もろもろ、、、、

月末、本当にヒヤッ・・・とすることも あります。



支払い日が近づくと、通帳を見たくありません。

1?2日前になると、呪文のように唱えます。

「払える、、、今月もクリアー♪ さぁー銀行行かなきゃ♪」

支払日当日に、振り込まれたお金で まわすことだってあります。

昨日はどうやっても足りなかった残高だったのに、それでも払えるのです。

これ・・・・本当の話し。

しかし、、、綱渡りじゃん!!ってことを 何度も経験しましたなぁ・・・(しみじみ)



そんなこんなで 数年やってきていますが、、、、、

先月末は、本当にどうしよう・・・と、冷や汗をかきました。

なんとか、支払えた、とホッとしたその夜。

私は 気づきました。

旦那は職人肌で、経営のことは 正直、苦手です。

お金のことなんて、何も解かっていないと思います。

お金がないと言ってるのに、無反応で、無謀な彼に、正直 腹も立ちます。

まぁ・・・・私も、お金の絡むことは 苦手なのですが、やるしかないので。。。。



私は、旦那の素晴らしいところは、センスと技術とアイデアだと思っています。

けれど、、、、経営者としての彼ばかりを観てしまい、どうも彼の良さを忘れてしまいます。

そこに、気づいたのでした。

そうかぁ・・・・私は 信じていなかったんだなぁ・・・・。

私は、普通の自動車屋としての この事業でしか観ていませんでした。

なので 切り替えが必要でした。

そこで、彼の好きな、彼のやっていきたい車を 極めて商売すると決めました。



今日、旦那は横浜に 出ていました。

いくつか、旧車で有名な同業者さんも お邪魔してきたそうです。

そこで彼は、思いもしなかった言葉を 聞いたのだそうです。

旧車を扱う雑誌に広告を出していますが、どこでも 技術を褒めていただいたそうです。

また、旧車には、その車種ごとに オーナーズクラブがあるのです。

オーナーズクラブの会長さんから、ここの自動車屋さんは、、、、と、

幾つかの同業者さんや、会員の方々などに お話しをしてくださっていたそうです。

オーナーズクラブの方々は、見る目も厳しいし、知識も豊富な方々なので、本当に嬉しいことです。

そうして、、、、鼻高々に 帰って来たのでした。

今度、旦那がやっていきたい旧車のイベントがあります。

そこに 誘われて出店することに なったのですが、、、、、

私は、必ずそこで 彼は認められると思っています。

彼は、きっと変化するでしょう。。。。。

そして、彼の望んだ道が 開けてくる記念する日になるでしょう。

そう確信するのは、、、、、彼が、ある拘りを 緩めつつあるからなのです(笑)

忘れてたことを思い出してみたら、風が吹いてきた気がするのは、妄想でしょうか??

何でもいいやぁーーー。 風を つかまえなきゃだぁーーー。





すまなかった、旦那。

あなたの センス・技術・・・・一級品です!!

今度は 忘れないよ、ちゃんと 信じるよ。

ごめんね。。。。。

旦那!!! 君の時代だ!!!



THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



09
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。