ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

This Archive : 2008年02月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いっきり・・・ひとりごと

2008.02.22 *Fri
以前、突然観えたヴィジョン。

あまりにも ヘンテコなので

その時には 妄想がひどくなったと思った。

けれど、新しいネックレスを創ってから

またそのヴィジョンを思い出し、、、

あれは マヤかもしれないと感じた。



とっても高い場所、建物の中なのだけど

外を感じる、、、、空だけ。

王座のような、金色のような椅子に座った人。

服装は、中には多分ワンピースのような物を着て

その上から、まるで着物のようなものを羽織っている。

織物、、、とても綺麗な。

その人は多分、女性なのだけれど

顔が、、、、横顔を観ているのだが、、、、

輪郭は人間のようだけど、後頭部あたりから

ギザギザ・・・・みたいな・・・・まるで爬虫類のようだった。

ビックリして、「あり得ない、あり得ない。」と思った。



友達は、「プレアデス人かも。」と言う。



ネックレスを創ってから、目を閉じると色々と観える。

顔・顔・・・・縦に長い黄金の王冠。

蒼いような碧のような、目のギョロッとした人。



昨日たまたまネットで行き着いたところで

マヤの王の祭事用??の翡翠の仮面を見た。

それから、インカの王の黄金の王冠。

私が観た王冠と、感じが似ていた。



なぜ、、、、マヤの王の仮面は、翡翠なんだろう。

まるで、爬虫類のようにも見える仮面。←こじつけ(笑)

だけど、、、こじつけかもしれないけど、、、

私には、あの椅子に座った女性とリンクしちゃうのだ。



目を閉じた瞬間に観えた、蒼いような碧のような顔。

仮面かな・・・・とも思ったけれど

皮膚の色が そうだったんだよなぁ・・・・。



あぁぁぁ・・・・・・・・


妄想おばさんに なっている(汗)



スポンサーサイト

素晴らしきかな

2008.02.21 *Thu
満月です。

満月の今日、私は40歳になった。



35歳を過ぎたころは

憂鬱だった40代。

40歳を迎えてみれば

なんて素晴らしいのだろう。



5年前より 自由に生きている。

好きなことが できている。

あの頃より ずっと楽しい。

自分らしく 生きている。



生まれてきて 良かったなぁ。



幼かった頃の 私も

別の時代を生きた 私も

ここに 生まれてきて良かったね。

この気持ちが、、、、

いつか本当の 心から沸き起こる

感謝の気持ちに なりますように。



THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 幸せな気持ち

衝動に駆られて

2008.02.20 *Wed
娘2と 石を見に行った。

イエロージェイドが気になった。

ホワイトジェイドを 手に取った。

後は ザーっと端から石を合わせてみる。

ピンッときたのは ゴールドサンゴ。

衝動買い・・・・。



家に戻って すぐに創り始めた。

時間をおくことが できなかった。

ストックの中から、カーネリアンをトップに選ぶ。



自分のなのか、それとも誰かのものなのか

それすらも解らないまま、創っていた。


出来上がったものは。。。。。



20080219160006.jpg




もしこれが、私のものだとしたら、、、、

マヤの記憶だと 感じている。

少しずつ、マヤを思い出している。

ものすごく 嫌な記憶。

生贄にされた 少年。

他の人生も マヤにはありそうなのだ。

そしてマヤでは ないかもしれないが

縦に長い 王冠??を被った男性。

多分、黄金色の・・・・。

壁に彫られた戦の レリーフ。

水の中に沈んでいきながら、水面から覗く

数人の人を 見つめている感覚。

死にむかう 場面ばかり幾つか思い出している。



私のものではなかったら。。。。。

このネックレスは まったく違うことを

きっと語り出すんだろうなぁ。



誰かの元へ行くのか

私のものとして 一緒に過ごしていくのか

なんだかとっても 楽しみなのだ。



もし、、、、

「これって 私のだぁー。」

と、感じる方がいらっしゃったら

ご一報、ください(笑)






THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 手作り

時間

2008.02.13 *Wed
私たちは 忙しくて

一日は年々、短くなっていく。

忙しくて 何かに、時間に追われて。

「あぁ・・・時間が足りない。」

と、、、、思って。



来月、確定申告がまっている。

先月、税理士の先生が来てくれる日は

1週間前に お電話いただいて決定していた。

余裕あるのに、なんだか全然やる気が起きず

全く書類に触る気になれず、、、、

結局 先生の来る前日の朝、本気でやばい!!と青ざめ

始め出したのだった・・・・・。

うちは自動車屋で、けっこう書類も経理も細かい。

ダラダラと、数日分づつやったりしてはいたものの

決算なのだから、いつもよりも大変だ。

青ざめる・・・・どんどん、やばい!!が大きくなる。

夕方になれば、子供たちがいるし、夕飯もあるしお風呂だって。

夜、10時過ぎ、最悪11時近くならないと 書類も広げられない。



11時頃、仕事を再開したとき。。。。。

私は つぶやいた。

「大丈夫。明日、先生が来るのは14:00だ。それまでに、完璧に終わる。」

チャチャッとその夜は 2時間くらいやって、寝た。

朝、6時に起きて娘1のお弁当を作りながら 朝練の息子の朝食。

7時に娘1を起こして、7時30分旦那の朝食。

8時過ぎに娘2を起こして、朝食。

9時30分、保育園に送り、、、

そのまま銀行に行き、頼まれた用事を済ませる。

10時、帰宅して仕事の残り再開。


だけど、いつもなら、その残った量を考えると、、、、

14時の先生との約束には 時間が足りない。

それでも私は つぶやく。

「大丈夫。13時30分には 終わる。完璧に終わる。」

そして、私の集中力が発揮されるのだ。

夢中で片付けていく。

「おっしゃーー、終わったぁ。」

時計を見て、びっくり!! 

まだ 13時ではないか。。。。

あの量で、こんな時間に終わるなんて。

しかも、私は「完璧に終わる。」とつぶやいた。

毎回、凡ミスをして、「奥さん、仕分け確認ね。」

なんて言われちゃうのに、何ひとつミスなくまさに完璧に終わらせたのだ。

ブラボーー♪ ブラボーー♪


そうか・・・・。

私は、時間を生み出したのかもしれないな。

「大丈夫、時間はたっぷりある!!」

どんなに時間に追われていても、、、、

その思いが 鍵かもしれない。

時間はある・・・・そして、やるべきことにベストを尽くす。


時間に追われて 切羽詰まったとき

ミスなく こなしたいとき

私たちは 気づけばいいんだね。

時間は たっぷりあるし、ミスなんて あり得ない。

いつまでに、何時までに終わる・・・そう信じてみて。

心の中で ブレてしまいそうだったら、声にだしてみて。


大丈夫。。。。私たちは、時間だって生み出せる。


THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 魔法

私と地球と

2008.02.11 *Mon
一昨年、「13の月の暦」を知った。

へぇー、月のサイクルを意識すると 生理不順も治るのか。



10代の頃からずっと、私はひどい生理不順だった。

それもあって、治ればラッキーくらいの調子で

満月や新月を 意識しだしたんだ。

願い事もしなくっちゃ!! なんて意気込んでみたものの

もともとが 大雑把で適当なので、そんなのすぐに忘れちゃう。

満月の日だって、ひどい時には 寝る瞬間に思い出す。

けれど、眠気には勝てず、満月じゃん!!と思いながらも

そのまま窓から覗くことすらせずに 寝てしまう。


ところが気づいてみれば、、、、、

去年はずっと、月のサイクルとほぼ同じに 生理がくる。

私の生理不順は 治ってしまったのだ。

思うに・・・・・

変に意識をせずに 自然に満月を感じていたから

当たり前に 満月を感じていたから、、、、ではなかろうか?

本来、自然と共鳴するって、そんなものだと思うんだ。



だから、地球の環境保護だってね、、、、

そのために自分が出来ることを それぞれが考えたならば

環境保護・・・という概念は忘れちゃうくらいに

顔をあらったり、歯を磨くことと同じように 当たり前に

出来ることをし続けるだけで いいのだと思える。

意識なんかしていたら、きっと共鳴なんかできない。

自然の法則にのるとか、共鳴するとか

それは ごくごく当たり前でなくては、、、、と思い始めた。

きっと、いろんな概念を外に 放り投げ出したら

私たちは そんなこと 朝飯まえなのだ。


温暖化防止のために、ビルの屋上の緑化をするんじゃなく

憩いの場を設けよう、、、、ってしてみたら、結果的に

冷房の設定温度を 2度上げても快適です・・・。

そうあることが 当たり前の方がいい。

生ゴミを堆肥に 「リサイクル」 しよう、、、ではなくて

家庭菜園のためにやったら、ゴミは減って野菜やハーブも美味しくって!!

そうあることが 当たり前の方がいい。


そうして当たり前に なってくれば

私たちも地球も 変わらずにはいられなくなる。

環境保護・・・・温暖化・・・・という不安が消えちゃったら

不安を呼ぶ環境が 必要なくなっちゃうんだもん。



THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 思うこと

復活

2008.02.11 *Mon
♪ カーラジオから スローバラード ♪

2月10日の昨日、清志郎が復活ライブを行った。

おめでとう、おめでとう、とても嬉しい。



私は、清志郎が大好き。

何よりもあの声が 大好き。

「スローバラード」を聴くとき、いつも

この人の声は 楽器だ・・・と思ってしまう。

そして、この歌は この人にしか歌えないと。

ギター1本で、歌うのを聴いたとき

ものすごい鳥肌と、溢れてくる涙を止められなかった。

あの声は、、、、魔法みたい。




2006年に活動休止に入るとき

「これも経験、このブルースを楽しむ。」

確か、そんなコメントを目にしたことがあった。

「夢を 忘れずに・・・。」って。



闘病中、一人で小さくつぶやくようにしか歌えなくなるのかなと

そう思ってしまった時期も あったらしい。

だけど、「再生・復活したぜぇーー。」

清志郎は 武道館にもどってきた。

ど迫力の 変わらぬ声量のまま。。。。




おめでとう、本当にやったね。

なんだ・・・・??  涙が 出てきちゃったよ(笑)

ブルースを 楽しんできたんだね。

私はあなたを 心から尊敬します。



ここ数日、とても強いエネルギーがきているんだって。

この時期に 復活ライブなんて、なんて素敵なんだ。

本当に、「再生・復活」だ・・・・。

ますます素敵な ロックおじさんになったんだ(笑)

もちろん、、、誰よりもブルースなおじさんでもある。。。。



私も 勇気をもらった。

どんなときにも、何が起きても、、、、

夢を忘れず、そのブルースを楽しむんだね。

ありがとう・・・・・。












私は混乱そのものです。

2008.02.09 *Sat
初めから欠け落ちたものもなければ、これから解決する問題もない。

「完全充足感」

山手さんは、宇宙をそう表現している。

私たちは 宇宙の混乱の部分だと。



私たちが 混乱そのものであるならば、、、、

私たちの現実は、例えば現象が私たちにとって

不安や恐れでも、愛であっても、喜びであっても、、、、だ、、、

すべては 幻であり、混乱そのものでしかない。

これって、とても空しい。

だって子供が生まれてきた 喜びも

好きな人との恋愛も、なんだかいろんな満足感も達成感も

すべてすべてが、混乱であるのだから、、、幻なのだから。



けれど、私たちは 特に

「愛」というものや 「感謝」というものに対してと

「不安」というものや 「恐れ」というものに対しては

囚われ方が 違うように思うのだ。



「愛」や「感謝」は 受け入れる。

「不安」や「恐れ」は 手放す。



「不安」や「恐れ」は 「愛」や「感謝」へと

変容させようと、する。



でも、そうすると、、、、いつまでたっても 二元性のなか。

山手さんの言うように、それらもすべて 混乱だと考えると

二元性をすり抜けられそうな、気分になるんだ。

固体意識に囚われず、宇宙意識まで広げる。



山手さんの言葉は、シンプルで究極すぎて 口が開けっ放しになる。

けれど、、、私は 山手さんじゃない。

私の現実のどんなことにも、常にその意識でいなくたって

不都合な混乱が 起きたとき、なんだか穏やかだけれど

解らなくなってきたとき、すべては混乱だと思い出せばいいじゃないか。

楽しいときは 楽しんで、、、、、、

あんなに楽しかったのに、なぜこうなるぅーーってなったら

「混乱・混乱・・・。楽しかったのさえも 混乱。」

などと、、、、放り投げて、また楽しんでと、繰り返していくのだ。



こんなこと言って、もし山手さんが生きていたら

「うふふふ・・・・。迷っていますね、うふふふ・・・・。」

なんて、嬉しそうに楽しそうに言うだろな(笑)

そうそう、、、私は 迷いの真っ只中!!

迷いの中を 爆走中。









二つの スカラベ

2008.02.07 *Thu
初めて 自分のネックレスをつくった。

「スカラベ 2号」


「スカラベ 1号」は、石を変更。

持ち主が 男性だったのと

新しい石のほうが しっくりきたから。



  ※旧 スカラベ


20080129001720.jpg




  ※スカラベ 1号


20080207175739.jpg




そしてそして。。。。

自分創った スカラベ 2号。


20080207175835.jpg




まるで ペアのようでしょ(笑)

実は、、、ペアみたいなもんです。

1号2号の持ち主、私とその方は

とっても エネルギーっていうのかな??

似ているんですね・・・・・。

手を使うというとこも、おんなじだし。

だから、ペアのようにネックレスが似てしまう

それも とても納得できる。



実は、、、、1号の持ち主は、、、、

いかぽさんの ご家族だったのでした。

バラしちゃって ごめんね、いかぽちゃん!!



自分に創って 初めて実感できた。

世界にひとつだけの 自分のアクセサリーって

本当に 嬉しいものなんだね。。。。。

この嬉しさを ずっと忘れないでいよう。

私の創ったアクセサリーを手にした人が

こうやって 嬉しく思ってくれるように・・・。

大切に、、、、丁寧に、、、、創れるように。






THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 手作り

本当に必要な石

2008.02.07 *Thu
石は メッセージを持ってくる。

そう確信したのは、昨日のことだった。

数日前に、このブログを見て、私に

オーダーをくれた方へ ペンダントトップを送った。


その方が、石とエネルギーを合わせている時に

「IS」と、浮かんだそうなのだ。

私はすぐに、イシスだ・・・と思った。

メールでそのことを伝えたら

イシスのアチューンメントを 以前受けていたらしい(笑)

けれど、それだけじゃなくて、、、、

石からの メッセージだと思う。

その意味は、きっとこれから解ってくるのでしょう。

彼女は、敏感みたいだ。

私は、石に触れても、熱く感じるとか全くない!!

石の意味すらも、調べない。

もちろん、石同士の相性も・・・・。

それでも、ちゃんと選べるものだ。

まして、自分で自分の石を探すなら、なおさらだと思う。



だけど、私たちは常に囚われている。

自分のコアな部分が、どんな石を必要としているかを

ちゃんと読み取るのは、やっぱり難しい。

頭で考えて 探してしまうからなんだ。



石の持つ意味や、作用。

好きな色。

手持ちの服に 合う色。

ファッション性。



人それぞれ、選ぶ基準はあるけれど・・・

本当に必要な石は、もしかしたら

思いもよらなかった 色や作用を持ったものかもしれない。

直感で選ぶならば、クリアーなとき。

頭はからっぽにして、好きやイマイチを放り投げ、、、

お店にある 石の意味はまったく無視。

自分のタンスの中も 放り投げる(笑)



浮かんできた石の色は??

グリーン?? でもいろんな色が あるよね。

アベンチェリンのグリーン、マラカイトのグリーン。

エメラルドのグリーン、ペリドットのグリーン・・・・etc。

それらを手にとって、よーーく眺めてみる。

どれか、ピンッとくる色があるはず。

最初の石が決まったら、他の石も眺めてみて。

紫の石は??最初の石と並べると、欲しくならない?

オレンジは?? 黒は??

そうしてゆっくり時間をかけて、石を選んでいく。



石を選べていれば、自然と合わせられる。

あとは、、、、ブレス用のゴムや、ワイヤーなどで簡単に

自分だけの アクセサリーは創れる。

本当に必要な石に出会うと、不思議なんだけれど

まるで自分のように 思えてくる。

見た瞬間に、大好きになる。

丸玉ビーズから、繋げて繋げて だんだんとブレスやネックレス

ペンダントトップへと 変身して形になっていくとね

自分そのもの・・・・って思えるのだ。



あなたには どんな石が必要ですか?

欲しくなったら、ぜひ頭をからっぽにして

あなたの好きやイマイチや、アクセサリーのイメージを

ぜーーんぶ 放り投げて、、、、

そうして 探しに行ってみてくださいね。

あなたの石は あなたをきっと待っています。


THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

「スカラベ」のネックレス

2008.02.06 *Wed
持ち主が解らないまま 創っていたネックレスがある。

創る前に、「スカラベ」というキーワードだけが浮かんでいた。

石を見に行ったある日、トップのジャスパーを見た瞬間

どうしても創りたくなってしまったのだった。

その「スカラベ」の持ち主が 判明した(笑)

なるほど・・・・って、すごく納得したのだった。


20080129001720.jpg



でも、このネックレスを創りながら、、、、、

なんだか自分のだ・・・っていう感覚もあった。

でも私のだとしたら、チャロアイトやルビーではない、という思い。

持ち主が判明して、解った。

このネックレス、チャロアイトとルビーの部分が変わって

私にも必要な アクセサリーだったのだ。

私のは、多分、、、、マラカイト・オニキス・・・もしかしたら ラピス。

少し印象が 変わるのかな。



なんだか・・・・・。

「スカラベ」が、少し前から話しかけているような

そんな気がして ならない。

だって、お友達にも 「スカラベ」の象徴が現れている。

面白いね、エジプトばっかりだ(笑)




THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 手作り

自分のためのペンデュラム

2008.02.04 *Mon
昨日、ストーンマーケットに行った。

いつだったかな・・・夏頃に行ったときに

小さな結晶がとても気になった。

買ったはいいけど、その石がなんていうのか

すっかり忘れてしまっていた。

ガラスケースの中に、同じものを見つけた。

「エレスチャル」



20080202191521.jpg




数日前に、シエラさんから

「業務連絡」だと、、、コメントをもらった。

水晶でカットの多いペンデュラムが欲しいんだけど・・・と。

ネットで検索しているうちに、たまたま、

オーダーでペンデュラムを創っている人を見つけた。

そのとき、なぜか、、、、根拠もなく

「あっ・・・・。私、創れるわ・・・・。」と、思ったのだ。

そうしたら、私がシエラさんに浮かぶ石が、すでにペンダントップとして

創らせてもらった、ラピスとマラカイトしか どうしても浮かばない。

「フーーム。ペンデュラムの石かぁ・・・・。」


そのとき、、、、、

「あっ、シエラさんのトップ、ペンデュラムになるんだ!!」

と・・・感じたのだった。 不思議・・・(笑)

そうしてそれを彼女に伝え、試してもらうことにした。

彼女との電話をきったあと、なぜかスモーキークォーツのような

ペンデュラムが 浮かんできた。

「あっ・・・・・・・。これ、あの石だ!!」

そうです、私の「エレスチャル」だったのですね。

この石、実は息子にグラグラしていたとこを 触られて

小さな小さな結晶が2本、折れてしまった。

そのうちの1本は、お友達のところへお嫁に出した。

この石は、とてもパワーがあるんだって。 ←よく、解ってない(笑)


ペンデュラムにしたら、どんな感じになるんだろ。。。。。

とにかく、浮かんだのだから、この石も私の無意識も

それをしろっ!!と、言う事なのでしょう。


シエラさん、ありがとうね。

おかげで初めて 自分の石が浮かんだぁーー♪

ちょっと、、、、創ってみるわ。



THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 手作り

忘れてしまえ。

2008.02.03 *Sun
心底、旦那を憎んでいた数年前。

毎日がとっても苦しかった。

顔を見るのも嫌だったし、話すのも嫌だった。

修復しようと決めたのは、まだ娘2が生まれたばかりだったから。


そう決めてからのほうが、毎日は苦しさが増した。

うちは自営業なので、ちょっとの振込みや

雑用は私のお仕事だから、旦那に頼まれると・・・

仕方ない、納得できない気持ちを引きずりながらこなしていた。

そのころはまだ、たくさんのドロドロした感情を抱えて

私は相変わらず 被害者のままだった。


数年間、突然思い出す憎しみに翻弄されたりしながら過ごした。

いつからだろう・・・・その感情が 笑えるものに変わったのは。

娘2がヨチヨチと歩き出し、単語を発するようになり、、、、

彼女を追いかけまわし、学校や幼稚園の行事をこなし、、、、

いつの間にか、辛かった頃のことを、思い出さなくなった。


思い出さない日が増えてくる、、、、そのうち すっぽ抜けてしまう、、、、

そうすると、あんなに私を苦しめた日々は、笑い話になってしまう。

なぜなら、苦しさに引きずられるかわりに、私はスピリチュアルな世界に出会ったから。

日々の忙しさに、スピリチュアルな世界への興味が加わって

つまらない感情なんて 忘れてしまったのだった。


今でも、私は旦那を赦しては いないかもしれない。

そうそう簡単に 赦せるなんて思えないもん。

だけど、私があの憎しみの感情で 苦しむことはなくなった。

何年もかかったけれど、私は旦那を 「赦した」わけでもなく

「愛を送った」わけでもなく、ただただ・・・・忘れたのだ、あの感情を。

奇麗事は言わない、、、、、多分、赦してなんかいない、愛も送らなかった。

だけど私のその事に対する意識を、放り出したんだ、身体から。

もっと簡単に表現するならば、ただ単に、忘れたんだ。

それだけのこと・・・・それだけのことだけど・・・・・

私も旦那も 楽になったし、今では笑いあえるし、お互いの魂の糧となった。


以前の私は、「愛になろう」とか、「赦す」とか、そういうものに囚われた。

そうでしか、乗り越えられないと思っていた。

だけどどうしても。。。。何かが矛盾するんだ。

だからそれは、私のやり方じゃない。


「忘れちゃうこと。」

私には それが1番しっくりくるのだ。

ぜんぜん、スピリチュアルな感じ、しないかも・・・だし

ぜんぜん、光を感じられないやり方かもしれないけど(笑)

「忘れちゃう」ためには、動くこと、、、動いていること。



だから私は、今日も動く・・・・。

パンを捏ねてみたり、ボーッと過ごしてみたり

フラッと、石を見にいってみたり。

今朝の大喧嘩なんか 忘れちゃうくらいに

自分のことに 没頭してみるのだ。

ほらね・・・・携帯が 鳴ったよ、旦那から。

「お前さぁー今、どこ?帰りに悪いけど、タバコ買ってきて。」

謝らないのは いつものこと。

声のトーンですぐにわかる・・・・言い過ぎちゃったかも・・・俺さま。

ふっふっふ。  忘れちゃうと、なんだか何となく、うまく回っていくのだね。






THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 思うこと

宇宙意識。

2008.02.03 *Sun
いかぽさんに借りた 山手さんの本。

一部 抜粋します。



本体論的な世界に突入していくためには、現象論的な考えの呪縛、
考えて縛られている状態を抜けなきゃいけないんですけれども、それを抜けるためには
本来我々は、もう本体論的な生き方をしている、ということに目覚めればよい、気づけばいいんです。
そうすると、納得できる。普段からほとんど気づかない形で、無意識の世界に生きている、空間の意識で。
無意識ということは、人間意識はないけれども、原点の意識はあるわけですから、
原点の空間の意識に引きずられている。
空間の意識と連続した形で自分というものを引っ張っている、と考えればいい。
そうなると、考えないでやる、というやり方も、わりに入りやすいですよ。

現象が何もない世界・・・何もない空間全体に自分自身がなったときには、どういう感じになるんだろうか。
まず、何もないですから、胎児のように、おなかの中に浮かんでいるような感じでしょうね。
宇宙全体が自分のような感じがするでしょ、普遍的な存在感のような。
これを、ヨガではサットと言っています。完全存在感というか、普遍的な存在感、
本体的な存在感・・・フワーッと全体に広がっている。
だから、何も考えてないけれど、あらゆる考えの芽生えが全部含まれているんです。
無尽蔵に考えていて、無限大に考えていて、しかも考えていない感覚、
そういう存在感、これがサットなんです。

何もやっていないけど、全部やってる。何もつくっていないけど、これから全部つくれる、
果てしなく・・・ということでしょ。
何もつくっていないけど、これから全部つくると言うと、まだ現象論の世界からの類推になってしまう。
何もしないけど、同時に全部つくってる、そう言わなきゃいけない。
なぜなら、時間という概念がないからです。現象界から見たら、宇宙のビック・バンの見方みたいな・・・
何もないところから、いろんなものが出てくるから、時間的な経過を追ってみればずーっと
展開しているんだ、という受け取り方をするけれど、何もない時の宇宙全体が自分の身体を
見ている感覚は、もう、これからつくっているものも見えている。
時間がないから、時間はどこを探しても存在するはずがない。
空間だってないから、例えば今、地球を創っているこの空間の点と、
アンドロメダ大星雲をつくっている空間の点との距離もない。
同時的・同所的にタイム・スペース・シンクロニシティの感覚でしょ。
これが原点の感じなんです。同時に見ているし、同時にやっちゃってる。

その時には、宇宙全体は何もやってないから何もできないように見えるけれども
何でもできるという感じなんです。
完全な無能力にも見えるけれど、全知全能にも見える。
無能力と全知全能が、一緒くたになっている。この状況を、古代ではチットと言ったんです。
完全能力感、全能感ですね。その時には、欲求不満はありませんよね。
欲求不満はないから、初めから欠け落ちたものもなければ、これから解決する問題もない。
この完全充足感を、アーナンダと名づけた。
サット・チット・アーナンダと、インドの古代の人は受けとったんです、空間の感覚を。
それで、これはどんな幸福感よりもすごいと。どんな人間の能力感よりもすごい。
人間のどんなアイデンティティよりもすごい。
宇宙的なアイデンティティ、そこへ帰ることは悟りだ、アウェアネスだと思ったんです。

だけど、それをやろうとして、失敗しちゃったんです。やろうとすることに、もう問題があった。
やろうということは自己限定でしょ、誰かがやるんですから。もうそうなっちゃってる、というなら別だけど
やろうとすることは自己限定なので、堂々巡りになったんですね。
やろうとして、やれない世界のことを やろうとしたんですから。
宇宙意識に目覚めるということは、やろうとしてはならなかったんです。
いきなり因果関係のない世界なんですから。因果関係のない世界なのにやろうとすることは
因果関係にとらわれることです。やろうということは、やろうとしてやる、という時間的な経過だけでなく、
やろうとして原因をつくって、結果をつくり出す、ということでしょ。
突破する為には、もうあっさりと、考えるのを止めさえすればいい、簡単なんです。



READ MORE

意識を放り出せ。

2008.02.02 *Sat
いかぽさんからいつも教えてもらう、山手さんの言葉の数々。

山手さんは、もう亡くなってしまっていて

私はお会いすることが できなかったけれど

いまぽさんを通して、山手さんワールドに触れることができる。

なんてなんて、私は幸せなのだろう。



山手さんの元には、本当に様々な方たちが集まっていたそうで

有名企業の社長さんから、学生、または主婦まで・・・・

また、海外から山手さんを訪れる人もいたそうです。

いかぽさんが貸してくれた、山手さんの本から、、、、、


  山手 國弘
1924年10月10日、広島県生まれ。戦後の混乱の中で東京大学医学部を中退し、
赤門の前の寺において、学徒動員から帰還した学生たちをネットワークし、生活装置研究会を設立。
焼け野原の中で戦後の「生活装置」を考え、多くの仲間は各界の指導者的立場になっていった。
その後、企業と社会のオリエンテーション機関「有限会社イオ」(集団頭脳プロダクション・生活プロダクション)
を設立。現代ヨガの会も主宰し「原気呼吸による脱カルマ瞑想」の会を行っている。
これまでマス・ジャーナリズムの水面にほとんど浮上することはなかったが、
さまざまな年代・さまざまな世界の人とのコンタクトをとりながら新しい時代の
現実化のために活動している。



活動していた・・・・ですね。

もう亡くなっているので。

だけど、山手さんは今でも、いかぽさんを通して

私に 語りかけているように、その言葉は生きています。

「意識を身体の外に 出せばいいんです。」

「ただ、眺めていればいいんです。」

相談に訪れた人が 血相変えてきても、山手さんはいつも

同じことを 繰り返していたそうです。



「意識を身体の外に出す。」

それは二元性を 超えるということかもしれませんね。



愛と恐れの狭間、、、意識を身体から 放り投げる。

私の身体の外には、私の宇宙。



1月12日に、お友達に頼まれていたアクセサリーを送った。

東京に住む私、、、自宅近くの郵便局に持って行ったのは

18:30近くだったので、窓口のお姉さんに言われた。

「静岡は、速達で明日13日に着きますが、北海道は速達でも14日ですね。」

そりゃー、仕方ないでしょ・・・この時間だもんな。

家に戻る途中、ハッと気づいた。

1月13日・・・・113じゃないかぁーー。天使の匂いがする(笑)

北海道にも13日に着けば 最高なのになぁ。

そう思ったけれど、しゃーないか、、、と諦めていたので

私は14日になってしまうことを 受け入れた。

その後は、いつ到着するかは全く考えずにいたのだった。



結局、北海道に13日に、しかも昼過ぎには着いたらしい。

あの時間、どんなことが起きてそうなったのか解らないけれど

宇宙は「13日に着くと、最高なのに。」って思いを叶えてくれた。

13日にも14日にも 拘らない。

最高のタイミングで 持ち主に渡る。

18時になろうが19時になろうが、一生懸命郵便局へ走る。

それぞれの手に渡る 日付(数字のメッセージ)はお任せする。

郵便局で受付のお姉さんに アクセサリーを託した後は

私のアクセサリーへの意識は 身体の外へ出た。

そうしたら、、、、、宇宙はね 奇跡を起こす。

北海道の友達にも、13日に着くことが必要だったのでしょう。

遅くなっても諦めずに 郵便局に走ったことも必要だったのでしょう。

一生懸命に行動したら、それについての意識を放り出そう。

きっとそれが 「制限をはずす」ってことなんだ。



私には 「愛」や「赦し」や「慈悲」さえも

囚われる必要が ないように思えるのだ。

そこには、常に二元性の制限があるのだから・・・・。



実は日常の中で この「意識を身体の外に放り投げる」は

体験していたように 思えるのだ。

それは些細なことだったり、そうでなかったりするけど

旦那との喧嘩・・・・・。

そのあたりはまた、、、、次回にでも(笑)








プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



02
1
5
8
10
12
14
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。