ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

This Archive : 2007年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何でもないことだけど。

2007.08.31 *Fri
ブツブツ・・・ひとり言。


むかぁーし、ジーパン屋(古っ)で働いていた。

路面のお店でのんびりしてて、ヒマな時はスタッフみんなで

お茶して、散歩までしちゃったり。

ヒマだ・・・となると 決まって私に声がかかる。

「chu-chuちゃん、お茶入れて。」

1番下っ端スタッフの私は、お茶の支度に走る。

インスタントコーヒーと、日東紅茶のティーバック。

ブラックコーヒーと、ミルクだけコーヒーと、ミルクティー。

お茶を入れるのは 嫌いじゃなかった。

男の人は何も言わないけど、女の人は必ず

「やっぱchu-chuちゃんのミルクティー、美味しいわ。」

と言ってくれたから・・・。

毎回、あの先輩のミルクはこのくらい。

こっちの先輩のミルクはこのくらい。

なぁーんて、インスタントながらも こだわってたから

美味しいって言ってもらえるのは とても嬉しかった。


お店には メーカーから営業の人が来る。

ある日、某メーカーの方が来た。

店長にコーヒーをいれてと言われた。

営業の方に聞いたら、ブラックで・・・とのこと。

お湯を沸かしながら、緊張する。

ブラックは、お砂糖やミルクでごまかせない(笑)

シュンシュンとヤカンがいってる(ピーって鳴らないの)

コーヒーカップと、インスタントコーヒーの量を

注意深く、、、感覚を研ぎ澄ます(大げさ 笑)

うん?? ちと多いか?? えーい、店長のに少し移しちゃえ!!

よしっ!! お湯をいれて・・・。


ドキドキしながら コーヒーを置く。

営業の方が 一口。。。二口。。。

「ねぇ、これは豆から淹れたコーヒー?美味しいねー。」

「げっ。いえいえ、、、インスタントです。すみません。」

「僕はコーヒーが好きで 1日に何杯も飲むけど、これちゃんと

 豆から淹れたみたいに美味しいよ。へぇーインスタント??」

と驚かれたことが あった。

あんまり嬉しかったのか、しつこく今でも憶えてる(笑)


先輩のミルクティーを作るときでも

意識しすぎると ダメなんだけれど。。。

感覚で、その日の紅茶の濃さとミルクの量を量って

お茶をいれたりしてた。。。



あの時のコーヒーも、実はお湯の温度がよかったんじゃ・・・

なぁーんて密かに思っていたりする。

シュンシュンを聞きながら、もう気持ち待とうとか・・ね。(本当か?)


だけど何より、、、

美味しいお茶を飲んで欲しいって 思いが大切なのかな。

あの営業の方のたった一言が いつまでも私を嬉しくさせてくれてる。


なんで今また 思い出したのかなぁー。

日々の食事を作ることが、やっつけ仕事になってないかい??

そぉーんな 自分への問いかけなのかもなぁー。

わはは。。。すいません。。。やっつけ仕事気味ですわ(汗)
スポンサーサイト
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

赤い月

2007.08.31 *Fri
28日は 満月で皆既月食だった。

それは魚座で起きるのだと知った。

私は魚座だし、月には思いいれがあるし

なぁーんか起こったりして。。。と思ってた。

27日に見た月は 赤かった。

やっぱり何か起こりそうだと感じた。

昼間見た夢が、そう思わせたのかな。

28日満月の日。。。

何事もなく 過ぎてしまった。

あの夢が 予感のそれだったのかもしれない。

と。。。思ったけれど。。。

予想もしていなかった 出来事が起きた。



満月の前日に、、、

赤いお月様は コンビニまで買い物に出た私にずっと

話しかけてくれた・・・。

私も いっぱい赤いお月様に 話しかけていた。



お月様、ありがとう。

Yちゃん、ありがとう。

Yさん、ありがとう。(ダブルYじゃん 笑)

旦那、ありがとう。

みんなみんな、ありがとう。

そして私は、扉を開くための準備に入る。

THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

初めての感覚。

2007.08.30 *Thu
言葉も、理由も、何もいらなかった。

ただただ、、、涙が出てきて 心が柔らかくなって

そうなった経過も、そうなっている感覚も

何もかも、、、言葉にすることなんか なかった。


ひとつだけ わかった。

感謝しようとしても 本当の感謝は判らない。

赦そうとしても 赦しは起こらない。



「赦す」なんてことじたい ないのかも。。。なぁ

 
 
この感覚が、自然に湧き起こったとき

私は生まれて始めて「感謝」というものを知った。

勝手に流れてくる涙は、しばらくこのままにしておこう・・・。



CATEGORY : 幸せな気持ち

お昼寝の夢

2007.08.27 *Mon
何日か前から ちょっとおかしかった私の腰。

朝起きてすぐは、ギックリ腰のように痛い。

少し動いていると 何でもなくなるので

ついつい。。。土日のお神輿に出かけて。。。

そうしたら、今日は痛みが続いてとれない。

はりきり過ぎたらしい(笑)


座っているのも辛いので、横になった。

で。。。そのまま 寝ちゃった。。。

夢を観た。


なんか低い声が 聞こえる。

ドアを開けてみると、男の人がいて

ブツブツと声を出している、祝詞みたいな感じ。

その男性と、多分旦那もいたと思うけど

公園の中の池に 向かう。

井の頭公園と夢の中の私は 思っていたけど

それにしては、、、池は小さい(笑)

その、さほど大きくない池に突然、黒い鯉が現れた。

ものすごく大きい。

池の3/1ぐらいありそうな 大きな鯉で

頭?背中のかけて 透明でその中に赤い鯉が泳いでる。

黒い鯉は みんなから 主 と呼ばれ、岩に変化するんだと

誰かが 私の耳元で言った。

その時、黒い鯉は大きな岩になった。

ところどころに コケのようなものがあって

まるでエメラルドグリーン。。。輝いてる。。。

鯉の姿のときも、岩になっても、池をグルグル回ってる。

そのうち、、、大きな大きな龍の顔、、、

何か説明できない 不思議なもの、にどんどん変わる。

私の前を通過するたびに、、、鯉でも龍でも目が合う。

なんだかそのうちに、泣けてきた。

訳もわからず しゃがみこんで。

だけど、、、なんとなくホッとしたような、、、

そんな気持ちになった。


ただそれだけだったけど。。。

目が覚めたら、、、安心感に包まれた。

とっても不思議な 鯉だった(笑)

あの祝詞をあげていた 男性にはビックリしたけど。。。フッ


「なに??なんだ、この人」

って、一度その男性から 離れた。

もう一度、男性のいた部屋のドアを開けたら

旦那と ディナー中だった。

使ったことのないような ワイングラスなんか傾けて(爆)

男性は あっけにとられている私に。。。

「この家に来て、今始めて、お邪魔しているって感じです。」

と 言われた。

だって、ビックリするでしょ。祝詞だよ(笑)

夢の中で、、、はいはい、、、どーもすいません。

逃げました、えーえー、、、逃げましたとも。

お茶も 出さずにねっ!!

と、ブツブツ言ってる自分が可笑しかった。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

すべては。。。

2007.08.25 *Sat
誰かが 苦しんでいる。

すべては 自分の内側にある

そのことに 気づかない

気づこうと しないから。。。


私も 苦しい。

すべては 自分の内側にある

知り始めていても 体験していないから。。。


だけど誰かより、もしかしたら 少しでも楽に

生きられているのかもしれない。

どうすれば良いのか。。。判らなくても

探そうとすることが できるから。



誰かの攻撃を受けて 

更に 私が私を苦しくする。

なんだ、なんだ、なんでなんだぁーって

自分の 苦しさばかり感じているから。

私のどこかが 誰かと同じに苦しい。


解らなくて 泣けた夜。

誰かも 本当の自分を思い出せなくて

硬い硬い 不自由な自分から 片足さえも出せなくて

もがいているんだって気づいた。

そうしたら、、、また泣けてきた。

理不尽だと感じることだって、誰かの苦しさに気づいたら

今までみたいな 反応できないじゃないか。

ハードル高いよ。。。くじけちゃうかもよ。。。

なんて考えてたけど 思い直した。

本当は 私が苦しかったんだ。

誰かが もがいているのだって素晴らしい。

誰かが 私に攻撃することさえも素晴らしい。

違う角度で 見ようと思えるキッカケをくれたから。

同時にそれは、、、私の苦しさも溶かし始めるだろうから。



私自身を 苦しみから解放するために。。。

誰かも 癒されていくように。。。


  すべては 私のために。

  そして 誰かのために。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

始まりの思考。

2007.08.23 *Thu
私の現実は、いろいろと変わってきています。

私は少しずつ、善い(私にとって)現実を創り始めています。

現実を創造しているのが自分だと、知り始めています。


だけど、、、この法則は 時にとても難しいです。

善い現実ならば それは受け入れやすけれど

苦い現実は、なかなか・・・ね。



もうちょっと前のことですが

7月に世界的な規模で行われた、ファイアー・ザ・グリット。

その内容は素晴らしいことだと思いました。

共感できることも、たくさんありました。

ただ私は参加することは、迷っていました。

ファイアー・ザ・グリット じたいが、どうこうではなくて。



私は何の不安も恐れもなく、このイベントに参加できるのだろうか。

私の深い部分は クリアーなのだろうか。

現実の創造を考えたとき、私の深い部分に不安が元となった思考が

自分では気づかなくてもあったとしたら、、、、

それが、、、私の思考の元、、、根、、、だとしたら。

私の創造する力は、それを見逃しはしないのでしょう。

だからこそ、思い描く現実と創造によって生み出された現実は

時に まったく違うものになったりする場合があるように思います。

私が参加を迷ったのは、その深い部分での私の思考を思ったからです。

それでも当日、、、時間が近づいてくると、なんだか気になります。

たまたま部屋に1人になれたので、あれこれ考えず参加してみようか

と・・・思い、目を閉じようとしました。

そこに、、、娘2が 激しく登場(笑)

フッ・・・参加するなってことか・・・。


私が参加しなかっただけであって、実際に参加された方々は

素晴らしいことだと思います。

きっと、、、そういったイベントに参加する前に、、、

私は自分の中で 考えたり気づいたりしなくては

ならない事が あったのだと思います。


そして今

私は深い部分の思考を 感じ取りたいと思っているのです。

深く。。。自分の内に 入っていく。。。

もしかしたらそこに、私の知るべきことへの

答えがあるのかもしれないな。。。なんて、思ったりしています。


   ははは・・・。

   こうやって書くのは、簡単だけど(笑)

THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 思うこと

ばあちゃん 再び(泣)

2007.08.23 *Thu
一昨日、ばあちゃんが今度は肋骨を骨折しました。

ゴミを出そうとして、ゴミ袋を踏んで足をとられ、転倒しました。

大腿骨骨折のその後は、驚きの回復力で、最近では

買い物にも歩いて出かけていました。

ところがまた骨折・・・。

本人もちょっと落ち込んでいる様子ですが、、、

様子を見にいったついでに、じいちゃんのオムツを替えようかと聞いても

大丈夫だから・・・と言います。

次に見に行ったときには、部屋の中に荷物が散乱しています。

どうしたのかと聞くと、、、押入れの片付けをしていると。

で・・・疲れたから 今は横になっているの・・・と。

その散乱した荷物を、とりあえず押し入れに戻そうかと言えば

ゆっくりやるからそのままにしておいて、、、と。


なんで骨折してるのに 片付けなんて始めるのかと思うけど

ばあちゃんにしてみれば、やらなきゃならない理由があったのでしょう。

ばあちゃんは、何でも抱えようとしているところがあります。

じいちゃんがオムツを汚してしまうから、デイサービスでお風呂に

入れてもらうのが 悪いから・・・と、ずっと自分で入れてました。

この前の骨折の後、退院してきてからも、何かあった時に頼めないからと

デイサービスのショートステイに、じいちゃんを行かせようとしましたが

結局、、、じいちゃんが我儘で、迷惑をかけるから、、、と

ケアマネージャーに 断りを入れてしまいました。


それが、、、私たちのお盆休みのちょっと前、、、

私は2人を置いてキャンプに行くのが心配なので、旅行を迷いました。

でも、旦那も義姉も、、、

大丈夫って言うんだから、もう仕方ないよと。

子供2人がそう言うのだから、、、と私も思い直しました。



私は、、、嫁にきてから 時々自分を責めることがありました。

ばあちゃんは私に 何も言わずにこなしてしまうことが多々あります。

義姉が突然来たかと思うと、ばあちゃんを病院に連れて行ってくれたり

ばあちゃん宅から ガタガタと音がすると思うと、、、

義姉が来ていて ガラクタ部屋(笑)の片付けをしてくれていたり。

そんな時いつも、、、あ?なんで気づいてあげれなかったんだろうと。

最初はムッとするんです(爆)

言ってくれれば やったのにぃ??なんて。

でも、いや・・・私が気づいてあげれば良かったんだよな・・・と。

だから、義姉が来てくれて、何かばあちゃん宅でしていると

ありがとう・・・の裏で、後ろめたさを感じてしまうのです。


だけど、あのお盆休み前の出来事で そう思うのは止めました。

ばあちゃんや義姉が 私を責めるなんて一切ありません。

だけど2人は、、、2人でこなした方が楽なんでしょう。

私に悪いとか 思ってくれているのかもしれません。

私は私ができることやタイミングで 手伝うことで良いんだと。

そう、、、思ったら気が楽になっています。


ただ気になるのは、立て続けに起きたばあちゃんの骨折です。

全部を抱える必要はないよ・・・。

誰かに頼ることは、弱いことじゃないよ・・・。

無理ばかりしては 辛いよ・・・。

そんなメッセージが あるのかな、なんて思ってみたり。

なんかね、、、。

深いところでなのですが

私との関係性も、もちろんでしょうが、、、

ばあちゃんと旦那の関係性っていうものが 関わっている気もするのです。

でも、、、これも私が創造した物語、、、

3人の間に生じた 関係性が何なのかな?と、考えたりするのです。



やっぱり、ユーモアです。

2007.08.21 *Tue
我慢って言葉は 嫌いです。

我慢するのも 大嫌いです。

友達が私に 言いました。

「我慢強いね。」

私は友達に言いました。

「忘れちゃうだけだよ。」



忘れちゃうのは 好きです。

腹が立っても、辛くても、悲しくても。

忘れちゃうためには、コツがあるような気がします。

ユーモアといつも一緒に いることです。

私にもユーモアのスペース。。。

できれば相手にも ユーモアのスペース。。。

大切なのは、、、相手がユーモアのスペースを

保てるようにすること、なのかもなぁ・・・。



最後の手段は・・・ガハハーっと、人を巻き込む勢いで

笑っちゃうことに限るんじゃないでしょうか(笑)

これは、、、旦那の得意技で 魔球のような勢いです。

素晴らしい天性の才能だと、密かに思っています。



だけど、彼がこのスペースを保つためには

私が、、、私のあり方がなにげにポイントです。

と、最近気づきました。

たくさん失敗して得たこのスペース。。。

今では、私の逃げ場であり、彼の逃げ場であり

コミュニケーションの場となっているのです。



過去がまた顔を覗かせても、笑い飛ばす。

笑い飛ばして、、、忘れちゃう。

嫌なことは ユーモアにすり変える。

またまた過去が顔を覗かせる、、、笑い飛ばす。

幾度となく繰り返していたら、単なる笑い話になりました、、、とさ。

お互いに 感謝というプレゼントを持ちあって。。。









THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 思うこと

大好きな海が・・

2007.08.17 *Fri
今年も西伊豆に行きました。

子供の頃には 祖父母に連れられて・・・

娘1が生まれてから また訪れるようになった堂ヶ島。



7年くらい前までは、民宿では冷房は有料でした。

ここ何年かで、どこの民宿でも無料になりました。

これも、、、温暖化の影響なんだと思います。

堂ヶ島の乗浜という小さな湾になった 海水浴場なのですが

数年前までは まだ海は綺麗でした。

ここ2?3年かな。。。透明度が低くなりました。



私は中学の頃に 佐渡の海で怖い思いをしてから

海では泳げなくなり、去年突然 泳げそう・・・と思って

20年以上のブランクを克服したのですが、、、

コンタクト使用のため、去年は顔をつけずに平泳ぎが精一杯(笑)

今年はまた進歩して、ゴーグルをつけて泳ぎまくったのですが・・・

そんなのは小学生以来なわけです。

そして、、、ゴーグルをつけて泳いでいる海が

昔とはこんなに違うのか、、、とビックリしました。

初日、、、台風の影響もあり海は濁っていました。

4日間泳いだのですが、最終日でも透明度は数年前とは

比べものにならない。。。

なんだか、とてもショックでした。

娘1が娘2と同じ年の頃、堂ヶ島の海はもっと綺麗でした。

たった数年で こんなにも2人の見ている海が違うのかと思うと

なんだか、、、悲しくなるやら、、、責任を感じるやら、、、

私の子供達が大人になったとき、この海に来てくれるのだろうか。

私が祖父母と来ていた海に、自分の家族と毎年訪れることは

私にとっては、とても嬉しくて幸せなことです。

子供の頃の思い出が詰まった場所が、また新たな思い出を作る

そんな場所であることが。

私の大切なこの場所は、波も穏やかで、磯遊びもできる

子供達にとって安全に遊べるところです。

いつまでもそういう場所であって欲しいけれど・・・。


温暖化も海の汚染も、年々深刻になります。

今回は沼津から東名高速で帰るいつものルートが渋滞がひどく

仕方なく修善寺で諦め、箱根越えをしました。

山の上は寒いくらいで、、、

小田原の街が 見えだしたとき。

なんて明るいんだろうと、ビックリしました。

そして暑さにも。

あまりの蒸し暑さに クーラーのスイッチを入れて

これが、、、また悪循環なんだよなと思いました。

それでも、つけずにはいられない。

熱中症で亡くなる方もいる この暑さ。

冷房を使わないなんて無理だけど、何かちょっとでも気をつけて

設定温度を上げるとか、、、本当に大切なんだなと思いました。



海は、、、変わってきています。

それもとても早く、、、。

きっといろんな自然が、変わってしまっているのでしょう。

私たちが、気づかない、、、もしかしたら

気づかないフリをしているのかも。

だけどもう、子供達に残してあげられるものは

本当に少なくなってしまっているようです。

私は、、、何ができるかな、、、

私のすることを 私の子供達もするようになるでしょう。

だから、、、彼らのために、よい事を、、、







THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 思うこと

フェンスの向こうはアメリカ・・・

2007.08.08 *Wed
今日から お盆休みのはずだったけど

明日もお仕事になってしまった・・・。

終わるのかしら??

明後日の夜には 伊豆に出発?の予定なんだけど。



今年はうちの家族だけに なってしまった。

海で遊んでキャンプして・・・は やっぱり大勢じゃなきゃ大変。

もう、体力勝負だな。グスン。。。



工場で留守番をしていたら、懐かしいものを発見。

5年くらい前に 旦那が撮った息子。

30数年前の旦那は、こんな風にフェンスの向こうを見てたんだな。

フェンスの向こうは



私の住む街は 基地のあった街だから

この写真のような 少年たちがフェンスの向こうの

アメリカの生活や ジムカーナを見ていたんだろうな・・・。



私はこの場所に 幼い頃に立ったことはないけれど

車から眺める フェンスの向こうのアメリカを見ながら

憧れと、、、なんだか切なさを感じていたのを思い出すな。

あの切なさは 何だったのでしょうね。

子供の感受性って、、、すごいなぁ、、、



THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 一息ついて

あの頃の私

2007.08.07 *Tue
私の 無意識が創りだした数々のもの。


その頃の私は 修復しなくちゃと思いながらも

なんで私ばっかり 我慢しなくちゃいけないの。

なんで私が決心すると 諦めなきゃならないような事が起きるの。

なんであなたは 何も無かったように偉そうなの。

なんで 別れなかったんだろう。

なんで決心できるような 決定的な事が起きなかったんだろう。


旦那とちょっとすれ違うと、私はいつもそこに逆戻りしてた。

一時、、、本気でもうダメだ、、、となったとき

義父が脳梗塞で倒れ、入院し左半身が不自由になった。

同じ頃、義母は心臓のバイパス手術を受けることが決まった。

私の離婚への決心は、、、許されないと思い込んでしまった。

私の心に聞いたんじゃないのにね。



これだって、実は私の無意識が創ったのでしょう。

私と、旦那の両親との無意識が 何か意味があってそうなったのでしょう。

お互いに、、、きっと大切な意味をもって、、、

当時スピリチュアルなんて 全く興味の無い私は

これらの出来事に とてもストレスを感じていたな・・・。

どんどん被害者意識が強くなって、ネガティブが渦巻いて。

そんな思いはやがて最高潮に達して、、、

私の思いの通り、、、欲しかった、離婚を決意できるような

ものを創りだしてしまったんだ。

本当に、望んだとおりのものを。。。



それらが視界に 入ってから、、、

私は それまで以上に苦しい日々を送ることになった。

だけど、、、

私の被害者意識は もうこれ以上はない、、、ところまで

きていたからね、そこに気づきだしていたから

少しずつ 自分を見つめることが始まる。

まだまだ、、、スピリチュアルな世界を知る、何年も前のこと。

被害者意識を体験しつくした私は、だんだん疲れてきていた。

それが、、、ひとつの突破口になった。

自分が変わらなきゃって 思い始めていた。



この時の体験は 私にとってかけがえのないものとなった。

だから今の 私がいるんだから。

現実を私が創っているってことも

この体験をしなかったら きっと受け入れられなかったと思う。

自分を癒せるのは 自分でしかない、、、

癒しは自分の内側から 起こるものだって理解できるようになった。

あの頃の私が、メチャメチャだった私が居てくれてよかった。

だから、、、ありがとうしか出てこない(笑)

私にありがとう、旦那にありがとう、関わったすべての人にありがとう。
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 現実化

私が創造したもの

2007.08.03 *Fri
過去、、、

私のエネルギーを 後退させるために

私が 創りだしたもの。


・カラオケBOXの領収証

・行ったことのない ペンションのライター

・行ったことのない ワイナリーの近辺地図

・使ったことのない 駐車場の領収証


素晴らしい。

エネルギーを後退させるには これ以上の

ものは、、、なかったと思う。

※注・・・ここ、笑って読むとこです(爆)



私のエネルギーを分散させるために

私が 創りだしたこと


・勝手な 大きい買い物

・たくさんあり過ぎて 忘れた(笑)



エネルギーの分散は 今だって日常的に起きている。

いちいち、、、気にしていられなかったりもする。

忘れちゃうことだって たくさんある。

だけど、後退させるために かつて私が創りだした

数々の品々、、、あれは すごい。

タイミングも、今思えば、、、完璧。(どっちの意味で?)

そして今になれば、なぜあんな物が出現したのか

とても良く判る・・・。

出現させるべくして 私が創ったもの。

その時には とっても辛かった。

なんでこんなことばっかぁーー(泣)

だけど、結果的には、、、

何も悪いことには ならなかった。

むしろ、私は後の私にとって 必要な体験をしただけ。

体験してきたことが、スピリチュアルな世界に足を踏み入れてから

どんなに 私のことを救ってきてくれたか・・・。

ユングやフロイトや、心理学の本がチンプンカンプンでも

体験したことだけに関してならば、、、感覚的に知ってる。

ただ、理解していないだけ。

理解はまた、ゆっくり深めていけばいい。

私は、、、私が体験してきたことに とっても感謝してる。

もうずっと前に 私はたっくさん ギフトをもらっていたんだなぁ


こんなことを 書いているのは

決して、、、強がりではない。ほんとに。。。

今日はじめて あの頃のことがクリアーになった。

出現したものたちを 自分で創ったんだと認められた。

何の。。。違和感もなく。。。

だからきっと、、、こうして書いているんだろうな。

私が 私の現実を創っている。

そう思っている私の 本当に起きた話。

ディープなとこもあるけれど、私の中ではその頃のことは

もう過ぎ去ってしまった過去なので、、、

また 書けそうになったら 書いてみようかな(笑)
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 現実化

私の影

2007.08.03 *Fri
私の無意識の中には もう1人の私がいます。


ユングでいうところの、シャドーなのかな。

※人は生まれた時、様々な性格を形作る可能性を持ちますが

 その後の生育環境の中で、今の自分のパーソナリティが

 形成されます。

 それ以外の可能性があったのだけれど、そうならなかった

 もう1人の自分、分身といえます。それがシャドーです。

(難しいから、判る部分だけ、、、詳しい方、補足してぇーー笑)


私はユングなんて難解すぎて よく判らない。

シャドーがどんなふうに 作用してくるのかだって判らない。

単純に他者に投影してくるだけなのか・・・

物を通して 投影してくることもあるのか・・・


ただ、、、

何かにつまずいていて、だけど立ち上がろうとする。

私のエネルギーは 立ち上がって前に進むことに集中し始める。

そうすると、、、必ずと言っても良いほど、、、

そのエネルギーを分散させるか、後戻りさせるかするような

出来事が 他者を通して起きたり、ある時は 物として

私の視界に入り込んでくる事が 今まで何度も何度もあった。


私の現実は 私が創ってる。

他者であろうが、物であろうが、私の創った世界。

前向きにエネルギーを向けていたい時に 反対の作用が起きる。

反対の作用を引き起こしているのも 私自身なんだ。

私の中で、、、前向きなエネルギーに集中されたくない 私。

そうされたら、表現できなくなっちゃう 私。


このもう1人の私の存在は 難しい。

だって、、、否定することは なんか違う気がする。

否定するんじゃなくて、ちゃんと認めて、、、

溶け合えれば、、、もともとは 一緒の私なんだから 笑


なんだけど。

実は昨日 ちょっとまたある出来事が起きて、、、

私は、、、また エネルギー分散させられる事が起きたなと思った。

今までの経験で(あくまで私個人でのこと)

エネルギーを向けた先が 私にとって大きな意味を持つ場合

反対の作用が 起きることが多かった。

ただ今までは 私の気づくべきことを学ぶために

出来事に関わってきてくれたのは、ずっと旦那か、物だった。

昨日は、、、友人。

新しいな、この展開。。。泣

次から次へと、、、本当に ありがとう。

私の無意識に 押し込まれてしまった

もう1人の私、、、

さぁ あなたと上手にやっていくには

どうすれば いいのかな。

お話しすればいい?? 聞いているだけでいい??

あなたは 私なんだって、気づいているだけでいい??


THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 思うこと

プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



08
1
2
4
5
6
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
22
24
26
28
29
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。