ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

This Archive : 2007年02月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明な水

2007.02.27 *Tue
お気に入りのコップに ひびが入っていました。
お水は漏れていなかったので、さっきまで気づきませんでした。
ちょっとショック。。。でも気をとり直して。。。

娘2と「色水」を作って遊んでいました。
透明なガラスのコップに 絵の具をほんの少しだけ落として。。。
青い水・赤い水・緑の水・・・などなど。
何色目かに、作った色水を流しながら思いました。
「これって。。。あたしみたいだぁー。」



「本当の私」は、、、透明な器でいつも透明な水が入っていて、水面は静かです。

「今ここの私」は、、、透明な器でいつも透明な水のはずなのに、
悲しい時には青い水、怒っている時には赤い水、、、
透明な水はいつも「今ここの私」の感情でその時々の色水になってしまいます。
水面は、、、同じようにその時々で穏やかだったり、波がたっていたり安定していないのです。


「今ここの私」の器には、湯船のように栓があります。


透明な水が、私の感情の色に染まり、波がたち始めました。
私は、自分の器の中の水に色がついてしまった事に気づきます。
そうすると。。。栓を抜くことができます。。。
流れていく色水を眺めながら、だんだんと私は落ち着いてきます。
そして、からっぽになった 器 の栓を再び戻して。。。
また透明な水を 器 に入れるのです。
水面が静かになったら、その状態を感じて保てるように。


それでも、、、いつしかまた透明な水に 色をつけてしまいます。


そのたびごとに。。。その一瞬一瞬に。。。
気づいて、栓を抜いて、透明に戻すの繰り返し。
だけどきっと、それで良いのだと思うのです。笑


そうやって、、、少しずつ透明でいられる自分が増えていけたなら 笑
スポンサーサイト
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

お神輿

2007.02.27 *Tue
夕方、友達がワインの木箱を持ってきてくれた。

彼女とは子供同士が 同じ幼稚園だった。

私の住む街は、8月になると北と南とが神輿とお囃子で賑う。

うちの町会も、もちろん神輿を出すのです。。。

もともと私は、亡くなった祖父の影響で神輿好きなんだけど

彼女もまた、お父さんの影響で神輿大好き人間。。。

7月?9月にかけて、いろんな神輿の会だったり、違う地域の方に

担ぎてにきていただいて、100人ちょっとくらいで担ぎます。

もちろん、私も彼女も、、、特に私は、入ったら出ない 笑



彼女がきて、5月に浅草の三社祭に行かないかと言ってきた。

それはもう。。。即答です!! 「行きます。。。行きます。。。」

そんな話しで盛り上がっていたら、娘1がやってきた。

娘1は今、身長が154.5センチになりました。

私が 157.5センチなので、かなりヤバい状況です 笑

彼女の息子は、163センチになったそうです。。。

「今年はさぁー、あたしも神輿デビューするわぁー♪」と娘。

「いやぁー、どうなの??まだ身長がね。。。プッ」と私。

「ふんっ!! 自分なんてずっとバレリーナ状態じゃん!!」と娘。



そうなんです。。。。背の低い私は、ずっと背伸びして担いでます 泣

何が欲しいって、「背」が欲しい。。。。

あと5センチだけ 背が高かったらもっと楽なのに。



でもね。。。神輿を担いでいるときって、なんとも言えません。

一体感と、だんだんと重さを感じなくなくなる高揚感と。

中・高校生時代、、、あんなに「汗」かくの嫌いだったのに、

神輿の時だけは、「汗」が気持ち良かったりするんです 笑

最近では、担いでいると若草色の半纏を着た祖父を感じたりします。

納棺のとき、私が祖父にかけた半纏です。。。。

重いも、足がつりそうも、何もかも忘れる頃になると

いつも祖父と一緒に担いでいる感覚に襲われます。。。

今年もまた一緒に 担げるでしょうかね 笑


三社祭が大好きだった祖父のために、是非実現したいと思った

友達からの 思いがけない嬉しいお誘いでした。。。。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

歩け歩け★大会

2007.02.25 *Sun
昨日から子供たちは、実家に泊まっていました。

迎えに行かなきゃ。。。なんだけど、今日は車がない!!

父は今朝から高尾山へ行ってしまったらしく、、、送ってもらえない。

電車で行って、電車で帰ってくる。。。で いいんだけど。。。

普段、車で行き来しているので なんとなぁーく電車が面倒。

うちは最寄の駅まで 歩いて7分ってとこかな。。。

実家は最寄の駅からは、やっぱり歩いて6分ぐらいで。。。

電車に乗ってる時間は。。。7分間。。。

たった20分。。。されど、20分。。。なのね



ウダウダ用意してたけど、もう行かなきゃと思って靴を履いたら

なんでなの?? たまには、、、歩いて行こうかなと思っちゃった。

「えー、無理無理!! 車でも20分かかるよぉー。」

「5キロぐらいが なんなのさっ!! 」

「いやぁー。ほんと。。。無理!!」

などと、歩けという私と、無理という私が戦うのでした。



結局。。。横断歩道を渡ったら「駅」、直進なら覚悟決めて歩き。。。

というところにさしかかった時。。。私は直進してしまった。。。



その後は。。。

何度か、何てことしちゃったの!!と軽く後悔しながらも

黙々と歩き続け、1時間弱で実家に到着。。。笑

けっこうやるなぁーあたし。なんてね 笑

それにね、色んな発見があって楽しかったんですよ。

私の今住む街と、実家のある街は、お隣さんなんだけどね、

街の境にくると、何かね何かが変わるんですよ。

今までは、車の中だからはっきり判らなかったんだけどね

本当に、、、そのラインからガラッと違ったのです。

そのラインって面白くて、よく判るのは「雨」なの。

例えばそうだな。。。車で実家に向かいますよね。。。

私の住む街では雨が降っていませんでした。

でもそこに来ると、、、雨が降っています、、、

これから 雨は、私の住む街へと進んで行くんです。

もちろん、その反対もあるんですよねーー。

お天気がね、変わるんですよ!!

晴れのち曇り。。。そんなときも、その場所でガラッと違う。

たまたま私が、タイミングよくそういうのに遭遇してるのかもだけど

これはね、、、うちの父も旦那も同じこと言うんですね、、、

で。。。今日は歩きだったので、そのラインを発見しました。

そして、そのラインを1歩こえると、空気が違いました。

実家のある街はね、、、少しモヤがかかったような感じです。

それが「雨」と関係あるかは別としても、こんなに違うんだと

ちょっと驚いてしまいました。。。。



お散歩を通り越して、歩け歩け大会 になっちゃったけど

なんか、、、気分爽快、、、

 (もう。。。2度とやらないけど 笑)

まだ、高尾山とか登れるかもなぁー ← すぐその気

そのうち。。。みんなで「富士山」でも行くぅ???
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

ダメ。。。集中しちゃ!!

2007.02.23 *Fri
一昨日の夜、いつものように夜更かししていた私。。。

突然だったんだけど、頭の左半分がザワザワーとし始めた。

大げさに表現すれば、髪の毛までが逆立っている感じ。

なんだろなぁーと思ったけど、そう長く続かなかったので

気にせずに 寝ることにしたんです。。。



横になって、、、目を閉じて、、、

いつもなら、瞬間的に眠りに入れるのに 笑

なぜかそのときは、1点に意識が集中してしまう。

おでこの辺りに、寝たいのに意識がいってしまうのです。

そして、集中しちゃうとおでこから、スゥーと上がっていくというか

抜けてしまいそうというか。。。そんな感じ。。。



10代の後半に、たびたびこの感覚を体験しました。

頭がザワザワして、この感覚がくる、だったかどうかは憶えていません。

そのまま、その感覚にまかせていたら どうなるのか分からないけど

「ダメ、ダメダメ、、、外に出ちゃう、、、」

と一生懸命に、意識をおでこからそらしていました。

私は好奇心旺盛だけど、これは怖いです。

戻ってこれなくなっちゃうーーと思ってしまうから。



一昨日の夜も、、、怖かった私は、こう思って逃れました。

「ダメ、、、抜けたら身体に知らないおっさん、入っちゃうぞ!!」

えとえと。。。すいません、不真面目で。。。


       戻ってこれました。。。。


  だって。。。怖いんだもん。。。

  天井から寝てる自分なんて、まだ見たくないんだもん。。。泣

  もし出られても、、、戻り方知らないもん。。。

  
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

強運。。。

2007.02.23 *Fri
私は自分のことを、子供の頃から「運が強い」と思っていた。

そのきっかけは。。。(笑わないでね。)



私が通っていた小学校では、5年生になると授業でマラソンが始まる。

小学生の頃の私はまだスポーツ少女で、負けず嫌いなこともあり

お友達何人かと、登校前に朝練をしようということになった。

家から2?3分の公園沿いのパン屋さんの前で、毎朝待ち合わせ。

その日も。。。私は眠い目をこすりながら、パン屋さんに向かった。



パン屋さんまであと3メートル。。。そこまでボーっとしていて

目に入らなかったことがあった。

パン屋さんのお店の脇にあるゴミ箱。。。気づいたときは遅かった。

3匹のノラ犬たちが、ゴミをあさっていたのでした。

「ゲッ・・・やばい・・・」そう思った瞬間に、1匹が私に気づいた。

どうすれば、良かったんだろう。。。

目が合った瞬間に、私は背中を向けて走りだしてしまったの。。。

いっせいに3匹のノラ犬たちが、ものすごい吠えて追いかけてきた。

「やだーやだー!!絶対やだー、逃げ切る。追いつかれない!!」

かみさまーー助けてーー。



それだけ頼んだけど、後はもう頭が真っ白。。。白。。。

途中で2?3回、後ろを振り向いたんだけど。。。

これが今になって思えば、絶妙な間隔で逃げているの、私。 笑

飛びつくには、ちと距離がある、、、でも振り返ればすぐそこに、、、

私は特別に、足が速かったわけではないのですよねー。

ただあの時だけは、信じられない程速く走っていたみたい。

結局。。。逃げ切ってしまったのだから。。。

ノラ犬たちも、諦めて戻って行ったんだもん。。。

あんなに怖い思いは、、、いまだに ないかもしれない 笑



その後も。。。

海で波に流されたビニールのシャチを スニーカー履いたまま追いかけ

途中で力尽きそうになったら、流れ続けていたシャチが止まってくれて

やっとの思いで岸の方に向き直ったら、、、何キロも泳いでたとか。

男の子とケンカして、そのこが振り回した傘の先が目の直撃。。。

あと数ミリずれていたら、失明してたかも。。。とか

ハイハイの赤ちゃんの頃、、、縁側から頭から落ちて

落ちたとこに 水の入ったバケツがあって、叔母が気づくのが

もう少し遅かったら、バケツの水で溺死。。。とかとか。。。



まだあるけど、しつこいから止めます 笑


そんなこんなで、「強運」だと思い込んでいたのです。

何か問題に出くわすと、、、

「大丈夫。何とかなる。私は運が強い。」などと呪文のように

唱えたりして。。。でも、本当に何とかなってきちゃった。。。

これって、よく判らないけどもしかしたら

私がそう強く思ったことで、現実がそうなったの??

バケツと傘は、本当に運が良かったんだろうけど

犬と海のときは、、、どうなんだろね。

「大丈夫。絶対に追いつかれない、逃げ切る。」

「大丈夫。こんなとで死なない。泳げる、岸に戻れる。」

そんな風に、、、思っていたんだよなぁー。

噛まれたくないし、溺れたくない、だから強く思ってた。

私の思念が勝った(勝ち負けか?)としたなら面白いね。

自分の思いは、、、現実化する、、、笑
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

ありがとう。。。

2007.02.22 *Thu
つい思いつきで書いてしまった誕生日のこと。。。

それなのに、みんなが「おめでとう」ってコメントくれて

とってもとっても、嬉しかったです。

本当に。。。どうも、ありがとう。。。



今年の誕生日は、なんだか特別だったのです。

「あたし、生まれてきて良かったなぁー。」とこの年にして

本当に実感したのです。

それで、、、なんか思いつきで書いちゃった。。。わはは



「生まれてきて良かった」って思ったら、すごく幸せな気分になれた。

だから、、、みんな、どの人もそう思えたらいいな。。。

「生まれてこなければ良かった」って思いが消えて無くなりますように。


メッセージをくれた優しいお友達の皆さんへ。。。

私の大好きな 金子 みすず の詩をありがとうと一緒に。。。


          「土」  金子 みすず

        こっつん こっつん
        打(ぶ)たれる土は
        よい畠になって よい麦を生むよ

        朝から晩まで 打たれる土は
        よい路になって  車を通すよ

        打たれぬ土は 踏まれぬ土は
          要らない土か
        いえいえそれは 名のない草の お宿をするよ



この詩も。。。大好きです。。。

土くれのひとつひとつも、大切な存在です。

私たちから見ればただの土。。。それでも土は、草のお宿です。

私たちも、人の役にたっていないと自分のことを思いがちだけど

きっと、どこかで誰かの役にたてているのかもしれませんね。



私に繋がる全ての人が、ものが、私を育ててくれます。

そして、私を楽しくさせてくれて、幸せをくれます。

  みんな、みんな、どうもありがとう。。。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

怖いこと

2007.02.21 *Wed
すごく納得しちゃった。。。前記事には関係ないけど 笑

これまた、台所にての発見なんだよね。←いつもだ。。。



「そうだ、産道通って出た。。狭くて苦しかったろうな。。」

なんて考えていたら、そういえば私は人一人がやっと通れる通路とか

あと、大道芸人さんがよく、金属の輪を幾つも身体に通して

すり抜けるとか、、、そういうのが全くダメなのを思い出した。



中学生のときに、奈良の大仏様を見学していて誰かが見つけた

柱の一部が真四角に抜いてある場所。。。

確か、大仏様のお鼻の穴と同じ大きさ。←自信ない。

みんなが面白がってワイワイ順番で通っていたけれど

どうも私は怖くてダメだった。。。。

はまって身動きできなくなったらどーすんだー。と思ってしまう。

それにそれに、、、「川口探検隊」(年バレバレ)をよく子供のころ

観たけれど、「人が一人通れるくらいの空間が見つかった」

とか言って、隊員の誰かが腹ばいになりながらとかして

様子を見に行かされたりするんです。。。。

もう、それが怖くて苦しくて「やめな、やめな、挟まっちゃうよ。」

と、、、人事じゃなくなってくるわけなの、、、
         


そしたら、あぁーそうか。。。って納得した。

私の母は微弱陣痛で、時間もかかったしなかなか強くいきめなかった

らしいのです。 微弱陣痛は、母もいきむ力にはならなくて

辛いと思うけど、赤ちゃんにとっても辛いんだと思うな。。。

やっぱり押し出そうとする力が弱いと、産道を進めないものね。

私のこの怖いとかもう、、、苦しいっていうのは、

きっと生まれてくるときのトラウマなんだな。。。って

そして、真っ暗な狭いトンネルからスルッと抜けた開放感。。。

みたいなのを。。。たぶん、憶えている。。。


なぁーんで前記事で、母の産道を?なんて書いてたのか

ここに繋がったよ。笑

この怖いと思う自分を癒していったら、今度は大仏様の柱を

通ることが できるかもしれない。

もう「川口隊長ーー、行かせないでぇー。」なんて思わないかもね。



怖いと思うものの理由が、1つ判明した。。。。

まさかこれって、バースデイ・ギフトなのぉー??(爆笑)
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

生まれた日

2007.02.21 *Wed
今日は、私の誕生日です。。。

まさか誕生日をグルグルしながら迎えるとは思わなかったよ 笑

でも、、、私らしいといえば、私らしいです。



30数年前の今日、、、

私は母の狭い産道を通って、この世に生まれてきた。

母の胎内に入る前のことも、羊水に浮かんでたときのことも、

苦しい思いをして産道を通ってきたことも、見えていなくても

初めて感じた眩しさのことも、全部全部憶えていないけど。。。

ただ「生きる」という力だけを持って、生まれてきた。



私が自分自身で決めてきたであろう、この人生でいったい私は

何ができるんだろうな。。。

何を。。。決めて生まれてきたのだろう。。。



そうやって考えると、、、

私が両親を選んだんだろうと思うわけで。。。

まったく、こんな面倒な娘をもつことになった両親には

「感謝」しかないのであります。。。



   ちょっと、、、電話でもしちゃおうかな、、、照
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

トンネルになれ。。。

2007.02.20 *Tue
うーん。。。

こんな私も、「情緒的な愛」に傾いていた時もあった。

愛するというポジションよりも、見るというポジションの方が

居心地がいいはずなのに。←S女史のお話の中から・・



その時の私は、「愛したい」と「愛されたい」の狭間でウロウロする。

「愛したい」の度合いと、「愛されたい」の度合いが分からない。



「情緒的な愛」が欠けている私が言うのも、なんだけど。。。

その2つは、バランスが取れているのが良いのでしょう。

どちらかに大きく傾いていると、、、苦しくなったりする。

そして、私は分からないまま「愛されたい」に大きく傾いた。

もう。。。居心地が悪くて、苦しくて。。。



そうだよ。。。そんな時があったよ。。。

今は、トンネルのように「出入り自由」←またまたS女史のお話から。

にしようとしている、、、そんな風になり始めたかもしれない。

とは言え、、、まだまだトンネルは工事中だったりするけど。



「情緒的な愛」に傾いていた頃。。。

私はバランスが取れなくて、コントロールできなくなる時、

いつも自分の内へと入っていった。

そうやって、居心地の悪さの本当の原因よりも、どうやって

この状況を打破しようか。。。と思い巡らせていた。。。

結局、自分の本質からは目を背けているから、その場はクリアーしても

また違う場面で、出くわすことになる。。。


「肯定的に見ていればいい」と本当に思えたのは、、、

今年に入ってからなのかもしれない。

もう、、、何十年、、、ウロウロしてきたんだろ 笑



そう感じていながらも。。。

愛するとか愛されるとかを捨てきれず、人を愛する自分を愛そうと

してしまう。。。ここが問題なんだよな。。。

ここの自分を手放すこと、そして本当の自分を受け入れること。

     ちょっとづつ。。。ちょっとづつ。。。

        こうやって出てきてみると、難しいことなんだね。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

本当の私とは?

2007.02.20 *Tue
icapoさんの おうちの記事。。。

「愛するということ」 「愛さなくてもいい」 が私をグルグルさせる。


「情緒的な愛したい 愛されたい」が、私には欠けている気がする。

「離れて 見ているだけでもいい」って、キュンとくる。

ずっとグルグルしながら、今生の自分を考えてみる。

私は、、、「愛したい」も「愛されたい」も苦手かもしれない。

だからと言って、人が嫌いだとか、そんなんじゃないけど。

「見ている」のが、、、楽なのかもしれない。



グルグルしているうちに、2つの過去生なのか、違うのか判らないけど

ただ「受け入れている」、、、そんな女性が2人いる。

決して、不幸でもなんでもなく大切にしてもらっている。。。

それでも、「受け入れて」は「流していく」そんな人生。

うまく伝えられないけど、、、冷たい人間という意味ではなくて。。。



私は今生、人に対してどこかで境界線を作ってしまう。

そこを超えてこられるのは、とても怖いのだと思う。

相手が望んでいる私には、なれないことを知っているからかな。。。

それは、同姓の友達に対しても。。。なのです。。。

ある程度の距離を保っていないと、「愛さなくてはならない」という

気持ちになってしまうのかも、、、しれない。



私が例えば友達に対して感じる「大切な人」という思いは

彼女たちが思ってくれている「大切な人」という思いとは

違ってしまうのかもしれない。。。



ずっと、去年から毎日毎日、、、必ず数字のメッセージがある。

手放しなさい、ある要因がはまるところにはまらなければ、ならない。

まったく意味が判らなくて???続きだった。

3日前から1日に2回、必ず「11:11」 「1:11」を目にする。

2日前からはそれに 「999」が加わった。。。

古い自分を手放しなさい。。。かぁ

このicapoちゃんの流れ、、、実は私もシンクロしてた。。。

なんとなく見つけた あのワークにしても。



icapoちゃん、S女史、、、ありがとうございます。

自分で気づけなかったことに、、、気づけてしまいました。


    うー。。。こっから大変だぞ。。。
CATEGORY : 日記

忘れないように。。。

2007.02.19 *Mon
  忘れないように、、、メモです。


※アーチ型の門、、、象形文字のようなものが彫ってある。
 そこをくぐると 細い道が続いている。
 右側はたぶん、、、崖になっていて 左側はたぶん山肌かな。
 門は、、、黄土色みたいな感じ。


※どこか高い場所、、、下は海。視線の先は、崖のように見える。
 でも、そこには何かがあるような気がする。
 例えば、、、教会だったり、、、何か宗教的なもの。
 海に向かって立つ私の後ろは、白い建物かな。。。
 とにかく 白と海の青のコントラストが印象的。


※この前、、、目の端に浮かんだ男性。
 一瞬でよく見えなかったけど、何か動物の毛皮でできた
 ベスト。。。なのか、ストンと腿にかかるまでの1枚の服なのか
 はっきり判らないけれど、、、ウエストのあたりを紐で結んでいた。


※6?7歳の女の子、、、何かから逃げようとしてる。
 たぶん、、、水、、、津波かな。
 この子が私の過去生だとしたら、ここで水で亡くなったのかな?
 たった1人で逃げている。。。恐怖に顔をこわばらせて。。。


まだ、手鏡のようなものや、お坊さんのような男性などが見えたけど
あまりに繋がらない映像が多いので、何かに感応したのかも。。。
うーーん。。。黒い修道服を着た女の人なんかもいて。
その修道服は、、、あまり生地がよくないの、、、
ゴワッとした感じがします。木綿だとしても、めの粗い感じ。


と。。。何のことはなく。。。メモです。

   すみませんです、、、
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 記憶の断片

バトルと雨と。。。

2007.02.18 *Sun
土曜日の昨日は「授業参観日」でした。

なので、今日・明日と子供たちはお休みになります。

となると。。。問題児末っ子Mも、「お休みさせてぇー。」です。

はぁー。また、息子とMのケンカが1日中。。。

今朝も起き出したとたん、ギャーギャー・ワァーワァーだったし。

あまりのすごさに。。。いい加減イライラも爆発寸前。。。


しかも、今日は雨ではないですか。。。

洗濯物の量がすごい我が家では、雨に降られると本当に困ります。

乾燥機を使えばいいのですが、私はなぜかあまり必要性を感じなくて

うちには。。。乾燥機がありません。

こんな時は、あれば便利なのは判っているけれど、、、


「雨かぁー、まいったな。」と思いながら、洗濯物を部屋に干していました。


「あれ?? そういえば、、、雨が降られて困るのに、イライラしない。」
そうなんです。。。思えば、どこかに出かけるにしても、洗濯の量が多くてどうしても晴れて欲しかったりしても、、、雨が降ったことにイライラはしないのですよね。。。降ってしまったんだから、仕方ない。
みたいに、自然に受け入れているのです。。。
雨が降って困る問題は、なんとか解決しているわけなんです。無意識のうちに。


「ブーツ履いて出かけたかったけど、いいや、スニーカーにしよう。」
「うーん。。。どうしても必要な物だけ洗って、後は天気次第で!!」


とかとか・・・なんとか雨降りにイライラしそうな自分から離れられるのですよね。


そうか。。。あのバトルの中にいても、私は私でいればいいんだ。
ギャーギャー言ってる子供たちに、しっかり巻き込まれていたんだ。
静かな空間にいる間だけが、穏やかでいられると思い込んでいたけど
どんな状況にいても、、、穏やかな私でいられるはずだもん。。。


「雨降り」がくれた言葉。。。

「なんで、そんなに思い通りにならないとイライラするの?

   雨でも嵐でも、天気にイライラはしないのにね。」


そうだよなぁーー。
思い通りにいかない子供たちにイライラするのは、、、
私の中で子供たちに対する「執着」があるからなんだろうな。。。


    雨降り。。。も悪くないな。。。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

イルカ君とメッセージ

2007.02.16 *Fri
すこし前に、たまたまそのコーナーだけ観たイルカのフリスビーの
ジャンピング・キャッチの訓練。。。
何度も何度も挑戦するけど、どうしてもフリスビーよりも
手前でジャンプしてしまいキャッチできないイルカ君。。。

それが完璧にできるようになるには、半年ぐらいかかるそうです。

水の入ったガラスの水槽に、棒を縦に真っ直ぐ入れる。
そうすると「屈折」の作用で、真っ直ぐのはずの棒は、水面を境に
数センチぐらいの誤差があるように見える。。。
イルカ君がジャンプしていた位置は、水の中からのフリスビーの位置。
空を飛んでくるフリスビーは、、、もっと先に落下、、、

私たちが水族館で目にするジャンピング・キャッチも、大きなボールを
ジャンプしてタッチしているのも、すべて、イルカ君たちが水の中で
屈折による誤差を計算して、ジャンプするタイミングを修正しているから。

改めて、そうか。。。そうだよな。。。と納得!!
同時になんだか、ザワザワと何かが気になりだした。。。
「屈折」「誤差」「計算・修正」。。。
とても気になる。なんだか大切チック。でも、意味は判らない。
たぶん、、、今の私とか、、、内と外とか、、、
捉え方はいろいろに変化するのだろうけど、どうも今ひとつしみ込んでこない。

グルグルと考えていると、頭の中をイルカ君もグルグル。。。
「ほれほれっ!! だからぁ?そこから先は??」
みたいに、ついてまわられてる気分。。。笑

昨日の時点で、この問題は解決していました。
それは、、、やわたうまさんのおかげなのですが。
やわたうまさんのブログで、イルカのことをコメントに書いたら
「屈折による誤差、、、そして練習によるその修正。
まさに私たちの人生そのもの。ズレを修正するのは、本当の自分を
体験するための、予定していた通りの人生を送る事と同じです。」
と。。。。お返事をくださいました。。。。泣



昨日、息子の習い事が終わるのを待つ間。。。またフラフラと行った本屋さん。
棚の中の1冊に目がいきました。手にとりました。
パラパラ見ていたら「ゼロポイント」の文字が気になる。。。
そして何も迷うことなく、レジに並んでしまった私。
            ↓
          こちらです。
ラムサの教え 改訂版 ラムサの教え 改訂版
ラムサ (2006/12)
ホームポジション

この商品の詳細を見る


ラムサによると、自分自身を知っている状態、この目覚めている点を
「ゼロポイント、観察者、第一意識、意識とエネルギー、神」とよぶ。

イルカ君が誤差を計算して修正してキャッチしたところ。。。
あそこが「ゼロポイント」なのかなーー。
私が私自身を知っている状態の目覚めている私。。。

まだまだちゃんとは、、、しみ込んでいないのだけれど。
これも時間とともに少しずつ 理解していけるでしょう。
なんにしても、この本との出逢いがなんだかワクワクしちゃうな。

イルカ君は、すっかり気配を消してしまったけれど、、、
メッセージと、この本との出逢いをくれました。
どうも。。。ありがとう。。。
なかなかもう1歩の理解が遅くて、ごめんね 泣




 ※やわたうま様へ
    勝手に登場していただいて。。。ごめんなさい。
    でも、本当にまたお世話になって。
    いつもありがとうございます。
    イルカ君も、喜んでおりました。。。
    そして、やわたうまさんのお返事のおかげで
    本の「ゼロポイント」の文字に引っかかったのです。
     
      うーん♪ あのコメントも必然♪

THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

バレンタイン・デイ ♪

2007.02.14 *Wed
今日は、バレンタイン・デイ。。。

最近は駅前のデパートや駅ビルで チョコレイト屋さんに

たっくさんの女の子ちゃん達が。。。笑

可愛いよね、すごく一生懸命に選んでるの。

私にもあんな時があったのでしょうか。。。あったの!!

うちの近くの駅ビルにね、ソニープラザが入っていて

私はよくソニプラに行くのですが、今はチョコレイトがたくさん!!

値段の安めのコーナーには、何人かの女の子。。。。

けっこうチャッチャッと、ポンポンッと、カゴに入れていくの。

ほぉーー「義理チョコね ♪」 なんて思いながら見てたの。笑

そして、1階をプラプラと歩いていたら。。。。

「なっ・・何・・あの人ごみは!!」

うふふ。。。そこには「ゴディバ」があったのですね。

「ゴディバ」といえば、、、チョコレイトの王様的存在、、、

4粒買ったら、1000円越すチョコレイト様。。。。



そこにたくさんの女の子が列を作っているのですよ。

「本命チョコね ♪」 うふうふ。。。

選んでいる子は、どの子も真剣で、、、可愛いなぁーー

どうぞどうぞ。。。素敵なバレンタインを過ごしてね。



でもね。。。思ったの。。。

今は小学生までも「友チョコ」なんて、幾つも買うの。

昨日、チベットのコミュニティを見ていた。

子供達が、ヒマラヤ越えをして命がけで亡命してる。

インドに亡命できたとしても、酷い凍症になり、手足を切断する。

亡命したとしても、教育が受けられない。

亡命後。。。。両親には2度と会えないそうです。

辛い現実を生きているのは、チベットの人々だけではないけれど。



私達は、今・・・今日・・・明日・・・これからもきっと

日々の忙しさで常に忘れずに考えている事はできないけれど。

世界に目を向けてみたなら、どんなに自分が恵まれていて

食べることの心配も、寝る場所の心配も、お金の心配も

寒さに震えることもなく、、、なんて幸せなんだろう。

私達の心配だったり、悩みだったり、苦しいことは

命の心配では、、、決してなくて、、、



そう思ったら。。。

自分が不満に思ったり、悩んでいることが、そんなに重要なことでは

なくなってくる。。。うん、そうなの。。。

もっと、こうしてみたら良いんだ、とか素直に思えてくる。



今生、母親になる事を決めて生まれてきたならば。。。

こんな恵まれた環境で母親になれたことに、感謝します。

自分の子供を、、、亡命させなきゃならない、、、

ヒマラヤを越えさせなきゃならない、、、そんな辛い思いを

しないでいられる。。。きっと、無事に亡命できたのかさえも

生死すらも、送り出したら最後。。。判らないのでしょう。。。



   どこかで、こんな人達もいるって判っていたいよね。

   そして、、、今の私の現実に、、、感謝しよう。


バレンタイン・デイ。。。。大切な人と素敵な時間を!!
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

襟が伸びちゃうくらい。。。

2007.02.13 *Tue
けっこう前から、ある日突然喉を圧迫される感覚に襲われていた。

それはまる1日続き、不快な24時間を過ごすことになる。

次の日にはなんでもなくなっていたり。。。

次の日にも変わらずに圧迫感にイライラしたり。。。

丸首のTシャツを着ているのに。。。なのだ。

何かしながらも、気になって襟をグイグイグイーーと引っ張る。

それでも、、、だめなんだな、、、

いつもつけているネックレスも何もかも。。。

全然 喉に触れてもいないのに、苦しくて苦しくて。



少し前に、1人ゆっくりと入浴していた夜。

なぜだか急に。。。涙が溢れてきて自分で自分に謝ったことがある。

その時、、、声もあげずただただ静かに涙が流れているだけなのに

喉が違和感があって、、、まるでしゃくりあげて泣くときみたいに。



あの時自分に謝ったと同時に止まった涙と喉の痛み。

そういえば。。。あの夜から襟をグイグイやる私がいない。。。

思えば、大好きなタートルネックも、もう何年も着ていなかった。

それはやっぱり、圧迫感が気になってだった。

でも。。。今年はなぜか着まくってる。。。

もともと、寒がりで冷え性の私にはタートルネックは冬のお友達だった。


あの夜。。。涙と一緒に私の中で何かが起きたのかな。。。

とりあえず、喉の圧迫感に苦しむことは、なくなるでしょう。

そんなことを考えていたら、目を閉じてしまった。


私の身体さぁーーん、まだ圧迫されてるとこある??

ぜーーんぶ、、、取っ払いましょうねぇーー!!

     ・・・目を開けた・・・

          わかんなかったから。笑
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

間違えたかも。。。

2007.02.11 *Sun
ずっとずっと、京都の藤棚。。。とおもっていたけれど。

もしかしたら、松の古木かもしれない。

平等院の藤棚は、、、違う気がするの。

映像を見たんだけど、、、、違う。

JR東海のHPをみていたら、「善峯寺」の松。。。

樹齢600年の古木。。。。どうも、ここっぽい気がする。

ずーーっと 藤棚と思い込んでいたんだけど。

そういえば、修学旅行の時、花はなくて。。。


多分、、、「善峯寺」に間違いないと思う。

CMにも使われていたし。

他の場所に、正面から写した御茶屋さんの映像もあった。



icapoちゃん、トモちゃん、、、ごめんね。

藤棚じゃなかったよぉーーー汗

お騒がせいたしました。。。。ごめんちゃい。。。。


  トモちゃん、ウィキペディアで「善峯寺」見て!!
 
  「遊龍の松」って呼ばれるこの古木の映像あるから。
 
  ちょっと。。。。見てみてね ☆


THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

「あるがままに。。。」 アシュリー

2007.02.11 *Sun
夕べ観ていたTVで次週の予告が流れた。。。
そこには、アシュリーが映っていた。

アシュリーは、早期老化病(プロジェリア)を患っている
1991年生まれのカナダの少女。
たしか、5月生まれ。娘と同じ月だから憶えてる。

今年アシュリーは、16歳になるんだ。。。
プロジェリアは、普通の8?10倍の早さで老化が進んでいく。
アシュリーも生後3ヶ月から、皮膚の硬化が始まった。
プロジェリアの子供は、平均寿命が13歳。
アシュリーの身体は、100歳をとうに越えてしまっている。

予告の中の彼女は。。。
「明日はね、どうなるか分からないの。だから。。。
 あるがままに。。。なの 笑」
そう言って微笑んでいたんだ。

READ MORE
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

頑張るな。。。

2007.02.11 *Sun
思いっきり、泣いたって良いじゃない。。。

思いっきり、被害者意識になったって良いじゃない。。。

思いっきり、憎んだって良いじゃない。。。

そんな自分をどうして否定しなきゃいけないの??



傷ついたばかりで、、、

そんなに頑張らなくても、良いじゃない。。。



誰かにひどく傷つけられて、今はまだ真っ暗な中。

そこに留まって、自分の痛みを感じていればいいよ。

どんなに時間がかかっても、いつかは憎んでばかりの自分に

限界を感じる時がくるから。。。

「先に進めない、、、」そんな限界。。。

そしたら、そこから初めてこの出来事からの学びが、

新しい自分への扉が見えてくるから。

そこを開けるために、、、誰かばかりを責める自分も経験してね。

その経験は。。。そんなに悪いことじゃないと思うの。



次には、、、人を責めるだけじゃない新しい自分になれてる。

だから、今は我慢も頑張りも。。。いらないよ。。。



何もしてあげられなくて、切ない。

だけど。。。1人じゃないから、大丈夫だよ。



今日は、、、私も切なくて、、、

それでもなぜか あなたの明るく笑っている笑顔が見えた。

きっと亡くなったお母さんが 見せてくれたのでしょう。

「大丈夫。。。時期がくれば笑顔になれるよ。。。」

うん、、、本当にそうなんだ、、、

誰でも幸せになりたい。 だからね、不幸ばかりの自分に

いつまでもいつまでもは、留まっていられなくなるんだ。

お母さん。。。笑ってるよ。。。

あなたと一緒に悲しい顔してるんじゃないの。

微笑んでるよ。。。すごいね。。。本当の愛情なんだよ。。。

THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

伝染。。。

2007.02.09 *Fri
小さい頃は。。。周りのみんながたっくさん愛情をくれた。。。

少し大きくなったら、私は妹2人に加えて大勢のいとこ達の

おねえちゃんになっていた。。。

小学校に通う頃。。。大人達にいろんな事があって、人間関係でもまれた。

中学校に通う頃。。。たくさんの不満やたくさんのエネルギーに翻弄

されて(言い訳 笑)可愛くない、生意気、不真面目な最も大人に

嫌われる少女になっていた。。。

高校に通う頃。。。反抗するのも面倒になり、バイトにあけくれ

自由になるお金を持つことにより、遊びに夢中になり、、、

どうしょーもない、少女をまだ続けていた。

就職して。。。大好きな洋服の販売を楽しんでいた。。。

でも、相変わらずで、、、会社から文句言われようとも、、、

「お客さんが欲しいならすすめるけど、無理やりセットアップ販売

なんてする気ないしぃーー。」

上司はいつも。。。ため息。。。アハハ。。。そらそうだ!!



こんなこんな、やる気のない私がどうして結婚できたのか、、、

どうして、母親になんてなれたのか、、、とっても不思議。

でも・・・なんとかなるもんだ・・・笑



いつも人から「chu-chuといると楽しいよね。暗いとこ、ないもんね」

と言われたりする。。。。老若男女 関係なく。。。。

私は楽しいのが好き。だから、人前では確かに楽しい人なんだろな。

    ほんとは・・・暗いとこたっくさん持ってる

だいたい、、、子供の頃から、、、

1人の空間で、自分の内側に入ってグルグルしたりが好きなの。

あんまり誰かに相談。。。ってできないもので。。。

何かあると、1人で考えて、1人で納得する、そんな感じ。

それって 今でもそうなのかもしれないな。

リアルな私を知っている友人は、あまり知らないもう1人の私。



     でも、どれもこれも私なんだ。。。

     いろんな自分がいるって、楽しい。

     ぎゃははーー言ってる自分も。。。

     1人、想いを巡らせている自分も。。。

     楽しいのが 1番たいせつ。

     ホンワカゆるーーく、これも同じくらいたいせつ。

     そうすると。。。周りもすべてが同じように

     楽しくホンワカゆるゆるが たいせつと思ってくれたらなぁ。

     だって、私1人がそんな風でも、、、ねぇ 笑

     また浮いちゃうし、何より楽しくないもん。

     じゃ・・・まずは私がそうなって・・・うつしてしまえ 笑
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

菩薩の心

2007.02.07 *Wed
去年の春ごろから「般若心経」がとても気になりだしました。
それからしばらくして、「般若心経」を手にしました。
その後、10月にニチャン・リンポチェ師のお話しを
聞きに行くことができました。
ニチャン・リンポチェ師は、日本在住のチベットの高僧です。


いろんなお話しをしてくださったけれど。。。
私が印象深いのは、慈悲のお話しや瞑想、そして「般若心経」を
唱えましょう。。。ということでした。。。
瞑想は、やはりきちんと習った方がいいでしょうねとも。


そんなリンポチェ師が、またお話し会を予定しているそうですが
この情報を知る前日に、本を1冊買っていました。


ダライ・ラマ 般若心経入門 ダライ・ラマ 般若心経入門
ダライ・ラマ14世 (2004/03/19)
春秋社

この商品の詳細を見る



この本の中に、「菩薩心を起こす」という章があります。
リンポチェ師も 慈悲の心 菩薩の心 などを話していました。


菩薩心を起こすための二つの方法があるそうです。
   ・「七因果口訣」
   ・「自他等換」

簡単に説明されています。。。
今日は 「七因果口訣」を転記します。


    ※七因果口訣
七因果口訣とは、すべての生き物をあなたの最愛の人物であると観想し、さらに、愛するすべての生き物から、最大限の親切心を受け取っていると観想する方法である。
この方法を実践しするためには、すべての人が等しく自分に親切で愛情を持っていると想像し、自分の母親、あるいは母親のように優しくて
親切な人々のことを思い浮かべて、他者に対する親愛の情を起こすのである。私達の相互の結びつきを、無始の時間という観点から見ると、
すべての生き物は私達の親であり、すべての生き物が等しく私達に
愛情を注ぎ、私達を優しく育ててくれたことがわかる。

これは、動物の世界に目を向けてみるとわかりやすい。
例えば、鳥を注意深く観察していると、母鳥は小鳥たちが独り立ちするまで、自分の羽で大事に抱いている。
これが人間でいう慈悲に相当するものかどうかは別として、こうした
母鳥の行為は明らかに思いやりに満ちている。
小鳥たちは完全に母鳥に頼り切っていて、母鳥が自分達の唯一の保護者であり、避難所であり、扶養者であると思っている。
さらに母鳥は、小鳥たちの健康を常に気遣い、必要とあれば自分の命を
犠牲にしても良いと思っている。
私達がすべての生き物に対して起こすべき心は、まさにこの精神である。

始まりのない昔から今に至るまでの長い時間のことを考えてみると
すべての生き物はまさにこのようにして自分達に接してきたのだとわかる。そう理解することで、私達は生き物に対する強い共感と感謝の念を
持ち、すべての生き物に対する純粋な親近感が生まれてくる。

しかし、このような親近感が簡単に湧き起こってくるわけではない。
他のすべての事物と同じように、それは徐々に生じてくるのである。
まず初めの段階では、すべて生き物に対する冷静な感覚を培う。
普段の生活において、他者に対する私達の感情や態度は、激しく変動する。ある人々に対しては親近感をおぼえ、他の人々に対しては距離感を
感じる。また、ちょっとした環境の変化によって、人に対する感情が
極端に変わってしまうこともある。このような心の不幸を取り除かなければ、日々の生活における私達の親近感は、容易に迷妄や執着といった
性質を帯びてしまう。執着に基づいた親密さは、真の慈悲の出現を妨げる。だから、私達はまず、平静な心を育てることから始める必要がある。


リンポチェも、川に落ちて流される子供を助けるために、飛び込んだ
母親のお話しをしてくれました。慈悲の心は母親の心です。。。と。


つい最近ですが、、、ある出来事に関連して、、、
私の中に一つの思考が湧き出しました。そして、それが湧き出たと同時に、ものすごい勢いで私の中を広がっていきました。
広い草原をブワァーーと強い風が吹くように、私の中の草原の草は
その思考の風が、吹く方向に倒れるようになびいていきます。
初めての体験でしたが、この勢いが混乱を引き起こし苦しめるんだ
と思ったのでした。。。


これが「煩悩」。。。確かに、内側から苦しめるもの です。


改めて、、、平静な心を育てることの大切さと、そしてそれが
どんなに難しいことなのかを、少しだけ分かったような気がします。
常に自分を見つめる。。。大切なんですね。。。
これからは、もっと自分を観察できそうな気がします 笑


慈悲の心。。。まずは、自分をありのまま受け入れてあげなきゃな。
自分のすべて、善の部分も悪の部分も愛せなかったら、、、、
他者の善の部分は理解して愛せても、悪の部分は愛せないでしょう。
本当は。。。悪なんて誰も持っていなくて。。。
ただただ、私達は無知であり、無知から煩悩が起こり苦しみ間違えて
しまうのかもしれません。。。。
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

つられちゃう。。。笑い

2007.02.06 *Tue
娘2は、、、すごい。

何がすごいって、笑い方がたまらない。

おとぼけは、いつものことなんだけど、怒られていても

彼女はお構いなしで笑い続ける。。。。

本気で怒ってるときには、絶対につられないけど

ちょっとぐらいの怒りは、彼女の笑い方に崩されてしまう。



「Mさぁーー、なんでオモチャ片付けないのよ。もう奥にしまうぞ。」

「だってさぁーーMちゃんさ、保育園で疲れてるのよ。」

「あのさぁ 出すときはチャッチャッ出すでしょ。片付けて!!」

「はいはい。。分かりましたよ。。あぁーーうるさいママだな。」

「ちょっと・・・待て・・・なんて言ったのかな??」

「いえいえ・・なんにも・・ヒョーヒョヒョ。」


本当に、、、ヒョッヒョ笑うの、、、泣

おめめなんて。。。みごとなカマボコ型になってるの。。。

最初は私も怒ってるの、ちゃんと。。。

だけどね、ヒョッヒョってやられて、カマボコおめめが

顔に近づいてくるとね。。。崩れてしまうの。。。ウッウッ



あの、、、娘2の笑いは、、、怒りを飛ばす魔法のようだ。

口元が緩んだら、私の負け。

でもなんだか、可笑しくて楽しくて、片付けもはかどる。。。

そうなの、、、今日もまた、、、彼女の作戦勝ち

「あっ・・・またほとんど片付けてしまったよ・・・」

と反省するんだけど、まぁ?いっか。。。

なんだか楽しくなっちゃったから!! なんて思ってしまう。

どうしよ。。。娘2はますます 自由な女 になっていく 泣



人がつられてしまう笑いって、なんだか壁がなくなるみたいで

それはそれで。。。良いのかな。。。

実際、空気がどんどん変わっていくんだよね。

たまに(いつも?)旦那とくだらない事で火花が散り始めると

娘2がトコトコとやって来て、いきなりエアーギターの真似をする。

走りこんできて、膝でフローリングをすべってきて、ジャーーン ♪

「ヒョーヒョヒョ・・・見て見て。イィーーヒヒ・・・」

その瞬間に、私と旦那はつられて大笑い。。。

彼女のあの笑いとカマボコおめめに、、、救われたり、、、

   人を笑わせるって。。。すごいよね ☆

というか、笑うってことがすごいのかなぁ??

ちょっとぐらいの事なんて、笑うと忘れちゃうしな。

いつも笑っていられたら、年を重ねても良いお顔になれるかな。

「しわ」だって人事じゃなくなってくるけれど。。。。

どうせなら、、、素敵な「しわ」を持ったお顔になりたいよね。

やっぱり、いつもニコニコほがらかに。。。だよね


   鏡で眉間のしわ。。。伸ばしてきまぁ??すっ!!

THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

リンポチェ師。。。再び??

2007.02.04 *Sun
去年、、ニチャン・リンポチェ師のお話しを聞きにいったお店の

HPを見ていました。

2月28日の山川 亜希子さんの講演会以前の予定はもう消えていて

今月は、28日のお話し会だけのようです・・・がっ!!



日程はまだ未定のようですが。。。。

「ニチャン・リンポチェ師 予定」 見逃しませんよ!! 笑

3月か、4月か、、、まだ予定表は出ていなかったけれど

また リンポチェ師に逢えそうです。。。。



近いうちに予定表も更新されるでしょうから、お知らせしますね。

なんだか、、、今からドキドキしてるんでけど、、、アハハ

今度は頑張ってストーンブレス。。。触ってくださいって言うぞ。。。

そしてそして、また1番前で食いつくように聞くぞ 笑

また、、、姫野さんも来てくれたら、、、嬉しいなぁ ☆



4月8日はお釈迦様の誕生日。。。「花祭り」もあるし。。。

3月あたりかな、、、4月後半か、、、う??ん

またあの空気感に 包まれたいです。

   楽しみだぁ???♪


THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

京都熱。。。

2007.02.03 *Sat
・・・やばいです・・・

この前、新宿のオムレツ屋さんにて秘密の会合の後の喫茶店で

icapoさん、トモさんに「ねぇーー京都にいこうよぉーー。」

とアピールしたら、「いいね!!鞍馬にも行きたい!!」とicapoさん。


そしたらもう。。。京都に行きたくて仕方なくなってきた。。。

密かに、京都の宿泊施設なんぞも、、、調べちゃったりして 笑

ずっと何年も行きたかったんだけど、本当に今年は行けそうな気が。。。


で・・・どうしても行きたくて、どうしても思い出せないお寺。

何年か前に JR西日本のCMで使われた 高台にあるお寺で、確か・・・

樹齢何百年とかの藤棚。。。かな。。。があるところ。

そこに、どぉーーしても行きたくてネットで調べてみたけど

私には探せなかった。。。悲しい。。。

どなたか、、、ご存知の方いらっしゃったら教えて下さい 泣

icapoさん、トモさん、そこだけつき合ってね ☆?・?☆



ってなわけで、、、京都熱にやられております。

これさぁ??本気で行動日程とか考え出したら、思ったより早く

行けそな感じになってしまうんでないの??? 笑



もう。。。なんなら、みんなで大勢でワイワイ。。。行く? 笑

鞍馬山は、皆さんも惹かれるんじゃないでしょうか・?・・?

    そうだ、、、京都に行こう、、、

           ↑
        ねっ・・・行きたくない??




   コソコソ・・・ゴニョゴニョ・・・

     アタシ のお熱を上げてしまった イカポチャン・トモチャン

      これでもう。。。逃げられないよ。。。

        ウフフ・・・ウフフ・・・ニマッ
THEME : ひとりごと
GENRE : 日記
CATEGORY : 未分類

祖父のこと

2007.02.03 *Sat
なんとなく、亡くなった祖父の事を思い出しました。
4年前に、胃癌が見つかった時には手遅れでした。
もう90歳を超えていましたが、体力が無くなり、1人で外出を
するのが難しくなるまでは、どこへでも電車で出歩いていました。


本人には告知はしていませんでした。
たまに、、、「ツッーーフゥ。。。」とため息まじりに
箸やペンを止めたり、頭をもたげている姿にドキドキしていました。
。。。本当は、知っているんじゃ。。。なんて思ったりしました。
それでも、結局、祖父は死ぬまで「俺は癌が再発したのか?」と
一言も・・・祖母にさえも、聞くことはありませんでした。


祖父の亡くなる10日ほど前から実家に、叔母達が泊り込みで来ていました。
祖父は1度も入院せず、自宅で看取りました。
仕事を終えた叔父やいとこ達も、夕飯を食べがてら実家に来て
祖父に付き添いそれぞれが自宅に戻って行く。。。
私も、1週間ほどは、子供達を寝かせてから実家に向かい
母や叔母たちを寝かせるために、付き添いを朝までしました。


その頃には祖父は、すでに昏睡状態になっていてたまに呼吸の音が
しないと、不安になって口元に耳を近づけてみたり。。。
でもある日。。。。昏睡状態から目を覚ました祖父が。。。。

「あぁ・・・俺は、しぶといなぁ・・・」

そう、、、言ったのです、、、


私は正直・・・もう逝かせてやってください・・・と思いました。
祖父はもう、「死」を覚悟して待っているんだと思ったから。
それでも、70代で肺癌の大きな手術を受けられるほどの
強かった心臓が。。。肉体から祖父を離してくれないのか。。。
覚悟しつつも、どこかに恐れがあって祖父が肉体から離れられないのか。。。


「死」の瞬間は、肉体が死ぬ時なのか。。。。
それとも、自らの意志で肉体から離れるのか。。。。


それは。。。もう祖父に聞くこともできないけど。。。
いつか自分が「死」を迎えるときに、全てが分かるのでしょう。


祖父が「死」を本当に覚悟したのは、あの一言を言った時だと思う。
昏睡状態になる直前までは、本当はもう食べたいわけじゃないだろう
けれど、「今日はな・・ブドウを3粒に、リンゴを2口食べる」
そう言って、食べることを止めようとはしていなかったから。。。
本当に本当に・・・命の終わりを受け入れられるのは・・・
やはり、最期の最期なのでしょうか。。。
近くにいる私達も・・・本当に祖父の死を覚悟できたのは
やはり。。。最期の最期だったのです。。。


命の誕生の瞬間も、命の終わる瞬間も、、、尊い瞬間です。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 未分類

プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



02
1
2
5
8
10
12
15
17
24
26
28
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。