ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

This Archive : 2006年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火

2006.07.29 *Sat
今日は花火大会でした。

花火大会の会場には、混雑がすごくて行きませんが少し離れた場所から

今年も見てきました・・・綺麗でした。

私はなぜだか昔から、花火が崩れていくのが好きなんです。

夜空に花火の残像・・・そして火の粒が夜空に溶けてキラキラしながら

消えていく。

今夜、それがなぜだか分かったような気がしました。

あの、キラキラの粒は アトランティスの空気にあった光の粒に似ている。

そう感じたんです。。。

ずっと、夜空に溶けながらキラキラする光の粒を見ていました。

懐かしいような、嬉しいような。。。ただずっと見ていました
スポンサーサイト

言葉を受けて。。。

2006.07.29 *Sat
やっぱり・・・受け入れるしかないのです。

幾度となく転生を繰り返す私達は それぞれの時代に決めていた

人生を100パーセント 送れたわけではなかったでしょう。

今に持ち越した 思い があるのかもしれません。

いえ・・・今だから出てくる思いがあるのだと思います。

星の位置がとかetc・・ 私は無知なので難しい事は判りません。

でも、今の自分は普通すぎる程普通の人間で

だから思い出してしまう過去に右往左往します。

普通の人間・・・もしかしたら、ここが大事なのかな・・・なんて。

今は 皆が平等。。。身分もない。。。

私達は今初めて、自由な身になれました。

垣根はもうありません。

自由な自分が 何かに導かれたり気づいたりする。

なぜ私が??? と思う程平凡な自分にとまどう。

あの頃の自分とは意識も能力も違うかもしれない。

だけど。。。一人じゃ無い事は分かってる。

進むも止まるも決めるのは 私・・・

自分を受け入れた時・・・私は私の旅を終わらせるのかもしれない。

平凡な日常の中で迷い・怒り・悲しみ。

きっと・・・今の私達で良いのです。

今の私達だから、できる事・理解できる事がきっとあるのでしょう。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

浮かんだ女性

2006.07.27 *Thu
誰なんだろう・・・

色白で目は一重で切れ長な感じ。

鼻筋が通っている、さっぱりしたお顔の綺麗な人。

髪の毛は・・・黒髪に近いほぼストレートかな。

耳に近い位置で、両側に細い三つ編みのようなもの。

THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

吐き気と戦いながら。。浮かんだ言葉

2006.07.25 *Tue
思い出さずとも良い・・・

そなたはすでに知っている

そなたを知る者がいる

その者より流れくる最良の時を

そなたの心の目で受け止めるが良い

迷わずに行くが良い

そなたのなすべき事は 光 が知っている

そなたの中の 光 そなたの中の正しい目を持って

光の子らと共に・・・
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

浮かんだ言葉

2006.07.25 *Tue
私が私である時・・・今を生きています。

私があなたを感じる時・・・私は今を生きています。

私の中のあなたは 今の私の一部です。

そして 今の私も今度の私の一部になります。

いつもそうして転生してきました。

それはこれからも続いていきます。

憶えていようがいるまいが・・・私はいつも一部です。

そして 私は誰かの一部でもあるのです。。。

THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 心の言葉

生まれかわったら。。。

2006.07.24 *Mon
これが自分の前世なのか、それはあまりにも近い時代の為

確信が持てないのですが。。。

第二次世界大戦の時に子供を二人連れた女性が浮かんだ

事がありました。

白いブラウスに紺色のモンペ姿で、防災頭巾姿の

その女性は、3歳か4歳ぐらいの子とまだ乳飲み子を連れています。

旦那さんは多分・・・特攻隊です。

それは、女性が浮かんだ時に一緒にいた友人の一人が

特攻隊の人が見えたようで、知ったのですが。

もう一人いた友人が実は・・・旦那さんと一緒に飛んだようです。

そんな話しをして、次の日にいきなり・・・

2機の特攻機が見えました。

1機は普通に真っ直ぐ飛んでいますが、もう1機は煙を上げながら

私の視線の左側から、左の翼を下に急降下していきます。

落ちて行った特攻機には、女性の旦那さんがいました。

それを友人に話したら、全く同じ場面を見ていました。

その頃、「蛍の墓」 の実写版がTVで放送されていて

あの兄妹の母親が防空壕で負傷し、虫の息で包帯で巻かれた姿で

収容されている場面があり、なんだか苦しくなりました。

それを見た後で、洗顔して水分補給と、脱脂綿に化粧水を浸し

顔全体にはり、鏡を見たときにスゥ?と自分の目の中に吸い込まれそうに。。。

多分、その女性は重度のやけどを負って亡くなっています。

さらにその夜・・・瞑想をしていたら特攻隊の方が被るような

皮の??帽子・・じゃないんだけど、それにゴーグルをつけた

男性が 「大丈夫だよ」 と言われたんです。

そうしたら・・・私は涙が止まらなくなって・・・

今でも、この映像や瞑想に現れた男性が はたして自分とどんな、つながりがあるのか解らないのですが

それでも、戦争とゆう人類最大の罪の犠牲となった方々を思うと

胸が切なくて苦しくて・・・涙が止まらないのです。

私があの男性に「大丈夫だよ」と、なぜ言われたのか解らないけど

彼らがまたこの星に生まれてくる時には

平和な流れの中で、自分を生きて欲しいと思うのです。

これは、記憶ではなくて何かがきっかけで

感じてしまったのかもしれませんが・・・
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

笑顔の時も知ってるよ

2006.07.24 *Mon
彼の事は一枚の写真でしか見たことがない。。。

どんな人物だったのかも知らないし、関わった記憶もない。

ある時・・・写真の中の笑顔のない彼が・・・微笑んだ。

その笑顔は フッ と口角をほんの少し上げただけの笑顔

不思議な感じでいっぱいになった

なぜ・・・笑顔が浮かんだの??

次の瞬間 「私は彼を知っている」 確信していた


彼はいつも何かに憑かれたように 思いを巡らせていた

イライラしている時も多かった

人に弱みを見せず、人と必要以上に関わる事もなく

心許せる仲間は・・・少なかった

彼の目指した自分をただ追い求めていた

まだ・・・心許せる仲間が近くに居た頃は・・・



そして。。。本当の孤独に悲しみ苦しむ時

彼は自分の最期に相応しい場所を求め出した

いつも彼の中に存在する 美 へのこだわり

彼の最期は 彼の望んだものであったのだろうか



知らなかった彼の微笑みを感じた事で

彼の最期が 彼にとって解放の時だったのかもしれない

そんな風に感じるようになった

違うのかもしれない

それでも、私はその後の世の行く末を

彼が生きて迎えたとしたならば よほど辛かったと思っている

どうか・・・彼が微笑んでいますように
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

繫がらない映像・・・

2006.07.24 *Mon
もう・・少し前のことになりますが
2つの場面が浮かんだ事がありました。
それぞれは、全く関係ないと思うのですが・・・

1つは、スキンヘッドの男性がまるでエジプトのような
感じの湯殿のような場所で胸まで、湯につかっています。
私の視線は、彼と向き合った少し離れた位置にあります。
彼の多分左側なんですが、耳の上あたりに2本の平行する
刺青なのかな??線が後頭部にかかるぐらいまであります。
目つきの鋭い・・・ちょっと怖そうな感じの人。
ただ、その場面だけが浮かぶのです。

2つめは、乾いた感じの大地・・・砂ぼこりがまうよな・・・
そこに男の子が立っています。
特徴のある子で・・・髪の毛が頭頂部?後頭部の耳の上あたりまで
剃ってありました。
耳のあたりから、髪の毛は長く伸ばしてあり
まとめて、1本のみつ編みにしてあります。
洋服は。。。白い膝上のフワッとしたワンピースで
ウエストのあたりで、紐なのでしょうか・・・
縛ってある感じで、靴は多分、サンダルのようなものです。
彼の後ろには、少し長めのやはり白いワンピースを着た
若そうな女性が立っていて、彼を見つめているみたいです。

男の子の髪型だけ見ると、中国???
なんて感じもあるのですが、よく分からないんですよね 笑

1つめの男性の居る湯殿のような場所は
石造りの・・・とゆうよりは、もっと装飾されている感じです。
彼の周りは薄暗くて、いくつかの明かりがありました。
私は、なんとなく・・・怖い!!そう感じました。

時間がたっても、同じ場面が同じ描写で出てくるので
フッとうかんだ想像じゃないのかも。。。と思っています。

若いインディアン。。。

2006.07.21 *Fri
夕べ。。。別のインディアンが浮かびました。

こちらの方は羽飾りの装飾をつけていて、最初に見た

インディアンより若そうな感じです。

印象的なのが、多分 顔の上半分ぐらいだと思いますが

赤い顔料のようなもので、塗ってありました。

これまた一瞬の出来事なので、これから少しづつ見えてくるかな??

以前にみた人もこの人も・・・上半身はなぜか裸っぽいです。

夕べの人には、なんとなく 馬 を感じます。

なんだか・・・インディアンが・・・きてますね 笑

THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

新たな反応。。。

2006.07.20 *Thu
今日立ち寄った本屋さんで・・・

エジプト・ケルト・マヤなどの歴史なんて本を見ました。

そこには、写真で装飾品なども載っていたので

なんとなくずっとパラパラ見ていたんです。

そして、インディアンの本を見つけたので「オッ!!」

そして見始めたんです。

いくつかの部族の酋長の写真がのっていました。

なんとなく・・・居るはずもないのに私の見たインディアン?の彼を

無意識に探していたのかも知れません。

でも。。。似ている人はいませんでした。

「居るわけないよな 笑」

そう思って開いた次のページに、片膝を立てて肩につかないぐらいの

黒髪のストレート、前髪は切りそろえてはいないけど

彼に似た感じの男性の写真が。。。

その人は アパッチ族のジェロニモでした。

なんか・・・似てるかも???と思い名前をみた時

Lyricaさんちのブログから見に行ったあの不思議な絵・・・

あの時と同じ 吐き気 に襲われました。

他のページに逃げて、落ち着いてから再びジェロニモを見ると

また強い 吐き気 に襲われてしまいました。

そそくさと本屋さんを後にしたわたし・・・

家に戻る頃にはなんでもなかったのに、今日はジェロニモの事を

書いてみようかな。。っておもった瞬間に 吐き気。。。

なんなんだろう????

ジェロニモの居た時代っていつ頃???

多分、私はその頃 間違いなく日本にいるぞ・・・

時代は近い気がするぞ・・・・江戸末期は日本だった。

ジェロニモ。。。か

ウッ・・・また気分がぁ???泣
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

オレンジ色の物体

2006.07.19 *Wed
小学校3年生の時がったと思います。

友達の家で3?4人で遊んでいたわたしは

なぜか窓が気になり、フッ と外を見ました。

友達の部屋は2階でした。

季節は秋ごろだったかな・・・・

曇り空の夕方でした。

気になってみた窓の外、空にUFOがっ!!!

それは、オレンジ色でまん丸じゃなく楕円っぽかたと思います。

私達の視界の中で上下にジグザグに右へ左へ移動しています。

「うわぁ??本当に宇宙人はいるんだ・・・」

そんな事を思いながら見ていました。

そのうち・・・一瞬目を離したすきにUFOは消えてしまいました。

その時に、怖いとゆう気持ちはありませんでした。

そして帰宅時間になり。。。

友達の家から出て歩き出そうとした時に

「ねえ。。。あれさっきのUFOじゃない??」

友達の声にすぐさま空をみると

先ほどと全く同じUFOが小さくジグザグ動いたかと思ったら

ピタッ と止まったのです・・・

なんだか、怖くなった私達は走りだしました。

走りながら振り返った私は、止まっていたUFOが

瞬間移動でもしたように 一瞬で消えていったのを見ました。

UFOをみたのはこの時が最初で最後・・・

あぁ??宇宙人はいる!!!

色んなところへ、色んな時代へ行ってるんだ。

なんて事をなぜか子供心に強く思った出来事でした。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

ザワザワしてます・・・

2006.07.19 *Wed
私の身体の中で何かがざわめいています。

それが何かは分からないのですが

期待と不安が入り混じった不思議な感覚。。。

今、ドラミンのビタミン のトモさんちにお邪魔したら

ホピに関する夢のお話しが更新されていました。

光のシェラザード のLyricaさんとはアトランティスで少年だった

私と逢っているかも・・・なんて事に!!!

少し前に私が見た、インディアンらしき男性も気になっていて

つい先日の瞑想で見た、円の中に鷲とか大型の鳥がいるモチーフ。

色々思い巡らせていたら、そのモチーフがインディアンの男性の

額に一瞬・・・重なったんです。

装飾品のような感じで。。。

でも、なぜか。。。コイン、貨幣のような感じもしたんだな???

なぜ、彼の額にかさなったんでしょう?!

全く 意味不明。 でも気になる。

ふう??ん(泣く) エンエン・・・・

ホピかぁ。。。。
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

激しい暴走です。。

2006.07.17 *Mon
今日は。。。
暴走した事なんか書いてみようかと
そんな風に思います。

もし、よろしければ・・・
続きにて。
READ MORE
THEME : スピリチュアル
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

思い切り・・・思い込みなお話し

2006.07.16 *Sun
アトランティスの空を飛ぶ人はどのような体勢で飛んでいたのでしょう?
腕を真横に広げて??真っ直ぐ伸ばして??
なんて・・・考えてしまいました。
なぜかとゆうと。。。私のうつ伏せで寝るときの体勢なんです。
私はうつ伏せになって寝るのが一番落ち着くのですが
その時に・・・笑わないでくださいませ・・・
両手を真っ直ぐに伸ばし、太ももの下に入れるんです。
空を飛んでいた友人が今、私の身近にいるのですが
彼女もやはりうつ伏せで寝る時には、私と同じ体勢で寝るそうです。

そんな話しをした時はお互いに笑い話で終わったんですが
なぜか。。。今日、それが気になって 笑
こじつけ かもしれませんが、飛ぶ体勢は腕を身体の真横か
太ももにかかるような感じだったのかな??なんて・・・
ハハハァ??強引過ぎかもしれませんわ 笑

それと・・・
ライオンの像から何段か 階段 を上がると
ちょっと広い広場のような感じで奥に神殿のような
建物があるような気がするんですが そこの広場に
なんとなく。。。水を感じるんです。
水路なのか 噴水のような物なのか 形体はまだ分かりませんが
水の流れを感じています。

なんとなく。。。
いたる所に「水」を感じているんです。
以前 トモさんが建物の中に清らかな水の水路のような
ものがあったとブログに書かれていたと思いますが
そんな感じなのでしょうかね・・・??

でも・・・水路とゆうよりは噴水に近い感じなのかな。


橋と螺旋

2006.07.16 *Sun
子供がスカパーでアニメを見ていました。
なにげなく フッ と画面に視線を移したら・・
アニメの題名も何もわかりませんが
何人かのキャラクターが歩いているその場所が
まず目に入ったのは。。。歩いている彼らの周りを
無数の小さな 光の粒 が飛びまわっているところでした。

おぉ?!
なんて思いながら背景に目をやりました。
多分。。。巨大な塔のような建物なんですが
その建物にずっと螺旋状の道があるんです。
一瞬の映像だったので、そのくらいしか分かりませんでしたが
なぁ??んか・・・気になりました。
もともと少し前からなぜか 「橋」とか「陸橋」が気になっていて
私の住む街には駅から何軒かあるデパートだったりに
歩いて行けるように歩道があります。
建物の2Fどうしに直接 歩道が連結してる感じ。

それが気になっていて・・・
橋だったりそんな様な役目をする歩道だったり
何かを渡る・・・そうゆう感覚なんですが。

アニメと何の関連があるか??と聞かれたら説明できない 泣
螺旋状で小高い場所に行く道とか・・・・
どこかとどこかを繋げる 橋 とか??
螺旋状の道は・・・アニメの様に建物にあるものなのか
街の構造状でそういった道があるのか・・・
なんでだろう。。。やっぱり気になるんです
もしそんな場所があったとしても
それがいつの時代のどこの場所なのかも・・・不明です

ううぅ・・・
無責任な発言で 誠に申し訳ないのですが
気になりだしたらとまりませんでしたぁ???泣
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 直感・・

瞑想したら??

2006.07.16 *Sun
今日また久々に 瞑想 しました。

短い時間だったので これといってうかんだものはなくて

でも、1つだけはっきり色もわかったのは

青い小さな丸・・とゆうより点かな

    ・ ・
   ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・

これよりは もっと細長い感じでしたが

裾広がりの図形でした。

青は質の良い ラピス のような綺麗な色

それと。。。なぜだか数字の 7 です。

全く意味不明です

でも あの図形に関しては 色を感じたんで気になります

瞑想をしていて 色 を感じたのは初めてなので・・・

それと、勘違いかもしれないけど

家紋にあるような図形で うまく説明できないけど

横長のひし形でその中にも小さな・・多分ひし形だと思いますが

そんなものが 一瞬ですが浮かんだような・・??

なんなんだぁ?????

THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 日記

気になるんだ。。この映画。。

2006.07.15 *Sat
古い話しなんですが・・・
「ロード・オブ・ザ・リング」なんですよ。
最後の最後に、エルフ達の船に乗って 名前がでてこない。。
主役の男の人と彼の祖父が旅立ちますよね。

あの光っている船と あのシーンの風景がとても気になっています。
あの場面って画面がキラキラ輝いていて。。。
アトランティスの目に入る者全てがキラキラしていた
そんな感じと似ているなぁ?なんて思います。

空気自体がキラキラしていたのか、草や花や木さえもキラキラ・・・
本当に 物語の中の世界にしかないだろう??
そんな感じの世界だったような気がします。

あの物語を書いたひと・あの映像を作ったひと
なんで・・・あの世界観を持っているんだろう なんて。
最近ではアニメのセリフにさえも 「ビィジョン」なんて出てきます。
今の私達が住む世界が 少しづつすこしづつ変ってきている??
スピリチュアル・・・この言葉が定着する前は
ただただ 「霊能・霊感」 で目に見えない者達のことに
私を始め一般の方たちは意識をむけていて・・・
一部の方たちはもちろん、本当のスピリチュアルな意識を
持ち続けてこられ・・・
でも・・・今は多くの方が自分の内側を意識し始めています。

なんだか・・・不思議な時代ですね。
「ハリー・ポッター」なんかのセリフでも
スピリチュアルやなぁ?なんてグッとくる時があるし 笑
そんな匂いをさせている映画とか、けっこうありますよね。

「ロード・オブ・ザ・リング」
エルフの戦士がヒョイヒョイ飛び回るんだけど
ものすご?く グッ ときた私・・・笑
アトランティスの彼らは もっと 本当に飛んでる感じでしたが
そうそう・・・飛ぶのよ!!飛ぶの!!なんて思ってみてましたです。

疑問・・・

2006.07.14 *Fri
なぜか幾つかの疑問が湧き上がってきています。

アトランティスの頃・・・私は少年でした。(と思います)

海や崖や多分 出入りはしていたのでしょうが

宮殿らしき場所 白いライオンのある場所

崖の上の白い塔 バザール

多分 目にしたのであろう景色は浮かんでも理解できる。。

でも・・・なぜ螺旋階段の構造とかが浮かぶのでしょう?

それも どこかで見たのでしょうか・・・

一番 理解できないのは

自分で書いておいて。。。なんですが

以前にかいた「大陸」なんです

大陸の外海の四方にそれぞれ柱があり

それぞれは エネルギーのようなもので繫がって

多分・・・ひし形になりそのエネルギーは

大陸のどこかで集められる・・・とゆうか

繫がっている。。。みたいな事を書きました

でも、そんなの少年の私が知るはずもないよな??

じゃぁ??全くの想像???

でも。。。「大陸」を書いた時 書きながら考える事もなく

スラスラ??と自然に手が動いていました

書き始める前に 考えていたとゆう事もありません

自分でも 不思議 だったんですよね

なぜ なんだろう???

最近はないけど・・・また突然物語ができてしまったら

消さないで更新してみようかな。。。。

その時は 申し訳ないですが読み流してくださいませ 笑

疑問はいつか時がきたら 分かるのかもしれませんね。。。

自由で・・・良いね!!

2006.07.11 *Tue
今日は旦那の誕生日。。。
といっても 飲みに行くだろうから
特別に誕生日ナイト?!!みたいな事もなし・・・
飲みに行くお店で いつも顔を会わせる人々と
盛り上がって 酔って 帰宅・・・パターンだな

それはそれで 良いんです。
我が家の場合は・・・ですね
ある程度 自由 にさせておかないと
ダメ・ダメ なタイプなもんで。。。
私も子供も もう慣れているので平気になってます 笑
子供の誕生日の日ですら・・・
一緒に ケーキ だけは食べるけど 飲みに行く。
そんな・・・自由人ですよ(笑)

でも・・・今年は彼も考えました。
「オッ!!そうだよ・・・オレ前厄じゃんか。。。」

てな訳で・・・
昨日 滅多に神社・仏閣に行かない旦那と
氏神様に 厄除けのご祈願 に伺いました。

待っている間も 「まだ 待たされんお??」連発・・
神社に来ても 態度がでかいっ!!!
終わったあとも  「なんか。。何も感じなかった。」
なぁ?んて 勝手な事を???バチあたりめ!!
と 怒りましたが・・・さすがに。

神様って本当に ありがたいです。
旦那のように 厄 だからぁ?ってそんな時ばっかこられて・・・
それでも 受け入れてくれる。。。ウッウッ・・・ありがたいです。

神社の中で 頂いた御札やお神酒やお供物を
ガサゴソやりだして・・・
「オォ? お守り入ってんぞ!!」
ウオォ????バカバカ  バカ???

帰り際・・・サッサと歩く旦那はよそに
何度も頭を下げて 「申し訳ございません。」
なんて 謝っていました。。。泣

THEME : ひとりごと
GENRE : 日記
CATEGORY : 2006

英語でしゃべらないと!!なんだぁ?

2006.07.09 *Sun
先月の1日から今月の2日まで、アメリカから親戚が来てました。
21歳の女の子で、一昨年には弟が2週間 来ていました。

義母の姉は、アメリカ人と結婚して一緒に帰国・・・
子供を2人育てました。
今回・前回と来た2人は、クォーターです。
もう。。。全くのアメリカ人です!!

私は、全く英語はダメです。
恥ずかしいくらい 本当にアカンのです。
単語だって・・・なんで??って思う程 出てこない。
なので・・文法なんてもちろん!!
本当に 文章が作れないんですよぉ??泣

そんな訳で、コミュニケーションはもっぱら
身振り手振りと。。。笑顔!!
あとは・・・おばあちゃんにお任せ・・・笑

なんとか1ヶ月を乗り切り、リムジンバスに彼女を乗せ
走り出すバスを見ながら。。。
「あぁ??簡単な英会話ができるように、勉強しなきゃ!!」
それは 一昨年も思ったはずよ!!chu-chuさん。。。
もう???英語が話したいよ???


そして・・・今回は本気で勉強するぞ!!と思っています。
英検を受けるわけじゃないんだから、簡単な日常会話が
できれば良いんですから。。。
やっぱり 気後れするのが一番いけないんですよね。
相手は一生懸命に 理解しようとしてくれるのに
伝えられない・・と思い込んで自分が引いてしまう。
だったら 辞書 でも持って単語を調べて見せれば
けっこうそれでも 通じてしまうのに。

また来年も来る!!
なぁ?んて言って帰国したので・・・
今度こそは 今度こそは 今度こそは (しつこい)
ちょっとは 会話 できるようになる!!!

フッフ・・・30+◇歳にして・・・
お勉強の目標ができましたよ。
やっぱり 人間。。。死ぬまで勉強。。。ですなぁ (しみじみ・・)
THEME : .。゚+.(・∀・)゚+.゚。
GENRE : 日記
CATEGORY : 2006

やっと更新だ!!

2006.07.08 *Sat
忙しくて更新できませんでした・・泣
フゥ??!!!

と言っても・・忙しすぎて何も書く事がない!!
ただただ 仕事 に追われていたからなぁ。。。

では・・息子の事でも。

2?3日前のことです。
「今日は仕事が忙しくて 夕飯 作れないから食べに行こう」
とゆうことになり、ラーメン屋さんに行きました。
注文して待っている間。。話題はなぜか昨年の出来事に。。
その中で、息子が飼っていた カブトムシ の話しになりました。

旦那「そういえば・・今年もカブトムシ飼うかぁ???」
娘1「え??またさぁ 死んじゃったら可哀相じゃん!!」
私 「だよね・・誰かにちゃんと飼い方を聞かなきゃね。。。」
旦那「オレ・オレ・・」
私 「いや。。。良いです!お構いなく。」
娘1「だよね・・パパって触れって人にやらせてさ、自分は・・」
娘2「あたし・・触れるよ。」
旦那「お前らね・・経験させてやろうって父の気持ちが判らないか?」
息子「ブツブツ・・・ブツブツ・・・」
旦那「あれ??カブトムシの名前なんだっけ・・」

息子「ジョジョとスージーが。。。ジョジョとスージーが。。」
旦那「そうそう!!ジョジョとスー・・・・・・
   って!!!!お前、泣いてんのぉ」
全員「えぇぇぇ??????」

見れば、目を真っ赤にして泣いている息子。
驚くと同時に。。。優しいとこあるなぁ。。。
なんて 思う私なのでした 笑
頑張って育てたけど、弱って死んでしまったジョジョとスージー。
その時の息子の悲しみようは、なんとも声をかける事ができませんでした。

ジョジョとスージー・・・
ふざけた名前だけど、息子がつけた素敵な名前。
旦那に、個性が感じられないと 最初につけた名前をボツにされ
一生懸命に 考えた名前。。。
いやぁ??そうくる??
なんて、私は息子のセンスに感動した昨年の夏。。。(どんなセンスだ)

このまま、優しさと強さを持った男の子でいて欲しい・・・
優しいって、男の子どうしの中では損な時もあって
こっちが イライラ する時も多々あるんだけど。
でも・・優しさがいつか本当の強さになる時がくるから・・
私は 今の息子を 最高に いかした少年だと
親バカながら 思っているんです 笑
THEME : .。゚+.(・∀・)゚+.゚。
GENRE : 日記
CATEGORY : 2006

パワーストーン ?

2006.07.02 *Sun
なんだか最近 パワーストーン にはまっている
それも・・・ブレスとか作る事に夢中 笑
もともと身につけていたものは 全て買ったもの
自分で作るなんて 簡単なのにそれさえ面倒と思っていた

グリーン・アイの彼が浮かんですぐに
パワーストーンでブレスを作ったりして
そしたら・・妹二人に頼まれてまた作って。。

占い師の友人に 作ってと言われ
しかも彼女は 石が欲しい人がいたら紹介するから
作ってみれば??といっていた・・

フムフム。。。なんだか 石 に流れているみたい

で・・フッと思ったんだ!!!
グリーン・アイの彼の目が だんだん 石 のように見えて
それで なんとなく入った店で なんだかグリーンの石を買って。。

あのとき 彼の目が 石 にみえたのは
「グリーンの 石 を持て・・」
とゆうよりは
「石 と関わりなさい・・」
とゆう事だったのだろうか???

友人は 「私のもだけど、自分のご両親とおばあちゃんにも作ってあげて。」
なんて 言ってたな・・・いくつ作るんだ???

で・・・なんとなく もっと石の事しりたいなと思っている
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : 2006

不思議な歌

2006.07.01 *Sat
どこからか 聞こえてくる
誰かが 歌う声
風 に乗せて  どこかへ運ぶように。。

あの声は 誰なんだろう
READ MORE

プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



07
3
4
5
6
7
10
12
13
18
22
23
26
28
30
31
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。