ゆる?く生きたいな・・と思う今日この頃。 でも、なかなかね・・

This Category : ヴィジョン

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギーの柱

2008.06.26 *Thu
夏至の日は、楽しく過ごしたのに

次の日から 倒れてしまった。

ずっと寝込むほどではないけど、キツい数日を過ごした。



今日は 回復、元気 元気。



夏至の日は、数人で集まった。

パンやお菓子やサラダ、海苔巻きなど食べて

コーヒーやお茶を飲みながら、、、、

この集まりの少し前、ぼんやりとだが ヴィジョンを観た。

ストーンサークル・・・・・。

あの有名なストーンヘンジほどは 大きくないけれど。

そして 女性が手を繋いで 輪になっているのだ。




この集まり、すでに数回行われているのだが

前回、バンバンとヴィジョンを観たお友達がいた。

私は彼女に とても感応する。

彼女の観たまま、、、、というよりも

必要なとこだけ 感応して、二人であーだよね・・・こーだよね・・・と

確認作業を していくのだ。

その時、やはり ストーンサークルを観ていた。

けれどそこは、少し先は 崖になっていて、感じる風は 海風なのだった。



そのときは、お友達に感応しているだけだと思っていた。

けれど、、、輪になった 女性たちを観たとき

記憶としては何も思い出していないけど、、、、、

こういった場面を 自分は観てきたのかもしれないと思えた。



夏至の日の集まりの当日。

私の観たヴィジョンを、もっともっとはっきりと、

高い精度で 観ていた方がいて、ビックリだった(笑)

面白いねぇーーー。



そして、共通するのは、、、、、

ストーンの柱は、円柱のエネルギーの場を作ること。

色もあるらしいよ!!

私には そこまで解からなかったけれど。

黄色や緑、赤や青、紫だってあるんだって。



魔女??たちが 手を繋ぎ、輪になって歌い、、、、

円柱のエネルギーの柱に、グルグルと歌い踊りまわる魔女。

あれれ!?

ストーンと真っ直ぐだった 光の柱に 動きが出る。

グルグル・・・・グルグル・・・・・。

螺旋、螺旋を描くんだ。。。。



なぁーーんて 勝手に想像を 膨らませていた 夏至の日でした。


スポンサーサイト
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
CATEGORY : ヴィジョン

思いっきり・・・ひとりごと

2008.02.22 *Fri
以前、突然観えたヴィジョン。

あまりにも ヘンテコなので

その時には 妄想がひどくなったと思った。

けれど、新しいネックレスを創ってから

またそのヴィジョンを思い出し、、、

あれは マヤかもしれないと感じた。



とっても高い場所、建物の中なのだけど

外を感じる、、、、空だけ。

王座のような、金色のような椅子に座った人。

服装は、中には多分ワンピースのような物を着て

その上から、まるで着物のようなものを羽織っている。

織物、、、とても綺麗な。

その人は多分、女性なのだけれど

顔が、、、、横顔を観ているのだが、、、、

輪郭は人間のようだけど、後頭部あたりから

ギザギザ・・・・みたいな・・・・まるで爬虫類のようだった。

ビックリして、「あり得ない、あり得ない。」と思った。



友達は、「プレアデス人かも。」と言う。



ネックレスを創ってから、目を閉じると色々と観える。

顔・顔・・・・縦に長い黄金の王冠。

蒼いような碧のような、目のギョロッとした人。



昨日たまたまネットで行き着いたところで

マヤの王の祭事用??の翡翠の仮面を見た。

それから、インカの王の黄金の王冠。

私が観た王冠と、感じが似ていた。



なぜ、、、、マヤの王の仮面は、翡翠なんだろう。

まるで、爬虫類のようにも見える仮面。←こじつけ(笑)

だけど、、、こじつけかもしれないけど、、、

私には、あの椅子に座った女性とリンクしちゃうのだ。



目を閉じた瞬間に観えた、蒼いような碧のような顔。

仮面かな・・・・とも思ったけれど

皮膚の色が そうだったんだよなぁ・・・・。



あぁぁぁ・・・・・・・・


妄想おばさんに なっている(汗)




インスピレーション

2008.01.12 *Sat
手芸屋さんに行くと 帰ってこれない。

ずっとずっと ここでパーツを眺めていたい。

これが天然石専門のお店だったなら、、、、

間違いなく 私は石に埋もれたい衝動に駆られるのだろう。

パーツを探したり、気になる石はないか 物色したりする、

その時間は とてもとても幸せなのだ。



アクセサリーを、もっと作ろうと思った。

そうしたら、不思議なんだけれど、、、



今までは、誰かに頼まれたり

先に石の組み合わせが浮かんできて

それが後から 誰の元へ行くのかが解かった。

持ち主が判明して、それから作っていたのだ。

もっと作る・・・・そう決めたのは、昨日だった。



ところが手芸屋さんに行っても インスピレーション湧かない。

ネットで石やパーツを見ていても 何もこない。

どうやって、どんなのを、私は作るんだ??と思っていた。

夕飯の片付けをしながら、「コノハヤサクラヒメ」と浮かんだ。

次の瞬間、使う石の色が、ポンポンッと浮かんできた。

「???」となっていると、また浮かんだ。

藍色、赤茶に近い色、サンドベージュ。

「スーパーブルー」・・・・・それは、ある方の写真じゃ???




だけど、私の中では、とても納得しているのだ。

今度は キーワードがくるんだって。

不思議だなぁ・・・・宇宙ってすごいなぁ・・・・。

とりあえず浮かんだ このアクセサリーたちは、

そのうち 誰かの元へ行くのだろうか。




さて、、、、作ることを 始めるのだけれど

頭の中で浮かんでも、どの石がどこに配置されて

パーツはどんなのを 幾つ使って、、、、そこまでは 教えてくれない(泣)

あとは実際に石を見ないと、色は解かっても、どの石かが解からない。

そんでもって、作ってみないと、決定しない。

何度も何度も 作り直し!!って言われることだってあるんだもん。




それでも、パンを捏ねて、数時間かかる発酵を待つ間、

石やシルバーで アクセサリーを作るのだ。

いやぁーー、幸せだなぁ。

ぐっふふ・・・・ニマニマ・・・・。




3枚のウロコ・・・

2007.10.02 *Tue
宗像三女神のひとり、市杵嶋姫(イチキシマヒメ)が、気になっている。


アマテラスとスサノオの誓約(アマテラスとスサノオの誓約)の際に、スサノオの剣から生まれた宗像三女神の一柱である。古事記では2番目に生まれた神で、別名が狭依毘売命(さよりびめのみこと)であり、宗像大社(福岡県宗像市)の中津宮に祀られているとしている。日本書紀本文では3番目に、第二の一書では最初に生まれたとしており、第三の一書では最初に生まれた瀛津嶋姫(おきつしまびめ)の別名が市杵嶋姫であるとしている。現在宗像大社では、辺津宮の祭神としている。

神名の「イチキシマ」は「斎き島」のことで、「イチキシマヒメ」は神に斎く島の女性(女神)という意味になる。辺津宮は陸上にある宮であり、その意味では、中津宮・沖津宮の祭神とする記紀の記述の方が神名の由来に近いことになる。厳島神社(広島県廿日市市)の祭神ともなっており、「イツクシマ」という社名も「イチキシマ」が転じたものとされている。


ヒンドゥー教の女神、サラスヴァティー。

河の、水の女神さま・・・日本では 弁財天。

市杵嶋姫(イチキシマヒメ)は、弁財天とも習合されている。

この弁財天の紋は、「波に三つ鱗」というもの。

三角が三つで、ピラミッドのような形をしていて、その周りを

波模様が 囲っている紋。

また、井の頭弁財天のご本尊は8本の手を持った八臂像で、

頭上に宇賀神を載せ鳥居を冠している。

宇賀神は、老人の頭を持った白蛇。



昨日、いつものことながら 思いつきで瞑想をした。

ヴィジョンと言えるか解らないが、3枚のウロコを観た。

上に1枚のウロコ、、、下に2枚のウロコ。

それを観たとき、蛇のウロコだと思った。

今日になって、井之頭池の弁財天の紋が「三つ鱗」だったことを思い出した。

市杵嶋姫(イチキシマヒメ)は、水の海の神様。

夢の中に出てきてくれた 鯉や龍のお顔は、この神様だったのかなぁ。

そうだったら、、、、、うれしいなぁ。



井の頭池の龍神さま

2007.09.20 *Thu
宙に浮いた 龍神。

大きな前足 尖った鋭い爪。

大きな顔。

スマートな体つき。

かなり 大きな竜神。


一瞬だけ 観えたヴィジョン。

色が よく判らないけれど、、、

きっと 井の頭池にいる 龍神さまでしょう。

やっぱり、、、いたんだ、、、

弁財天の裏側から 湧き水のあるあたり

きっといつも そのあたりに いるんだろうなぁ。


井の頭池は 本当は7箇所の湧き水があったらしい。

今は涸れてしまった ところもある。

もしかしたら、私たちが行った場所以外にも あるのでしょうが

あの湧き水は、、、もしかしたら 昔も今も

一番 水量が多いのじゃないだろうか、、、なんて思う。

木々は、、、湧き水の方に向かって 伸びているように見えた。

龍神は、あの湧き水を 守っている。


昔よりも かなり小さくなったという 井の頭池。

江戸の頃、家康は茶の湯に、あの湧き水を使ったという。

大切な水場だったはずなのに、、、

その湧き水の真後ろには、大きなマンションが。。。

なんだか、、、切ない。


龍神は、何を語っているんだろう。

私には 声を聞くことはできない。

なぜ、、、私たちは呼ばれたんだろう。

それを考えても 解らない。

委ねて 委ねて 委ねて

信じて 信じて 信じて

そうしていれば、、、きっと歩けていくでしょう。

プロフィール

CHUCHU

Author:CHUCHU
最近、人生の転換期かな・・と思うのです!
長女12歳・長男10歳・次女5歳と
仕事終われば好き勝手な自由人な旦那との日々・・

少しだけ変わり始めた私の心や
ふっとうかんだ言葉など
思いついた事なんで



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



最近のトラックバック



RSSフィード



10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ゆるchuchu日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。